坐骨神経痛の症状は?ストレッチで緩和できる?

スポンサーリンク


椅子に座った時に座面に
ゴリゴリとあたるような感触を感じたことがありませんか?

これって、お尻のとがった骨なんですが、
これを坐骨といって、そのそばを通っている神経のことを
坐骨神経といいます。

この神経に炎症などが起きて痛む症状をまとめて
「坐骨神経痛」
といっているんですね。

腰痛とは違って、お尻や太ももの裏に
しびれるような痛みが起こるのが特徴です。

神経痛と聞くと年配の方、
お年寄りの方を想像すると思いますが
これは、大きな間違いなんです。

主な原因となっている「椎間板ヘルニア」の発症は、
20代~40代が一つのピークとも言われています。

ただし、早めに気づいて、
きちんとセルフケアをすれば
緩和されたり完治されたりすることも
多い病気ともいわれています。

お尻のピリピリ感は要注意なんです!!
対策としては腹筋や背筋を鍛えることで緩和できます!

何が原因で起きているのか、
予防や起きてしまった時の対策などを知っておきましょう!

1. 痛みの原因で最も多いのは椎間板ヘルニア
2. お尻や太ももがしびれて痛む
3. 予防と症状を抑えるにはセルフケアも大事
4. ケアを続けても良くならないときは…

 

9e6f47b88e1b13db23092208d6f2dc93_s

 

痛みの原因で最も多いのは椎間板ヘルニア

脊椎の下の方にある
「腰椎」や「仙骨」の間から伸びて集まり、
坐骨の内側を通っているのが坐骨神経。

「脊椎の骨と骨は関節でつながっていて、
その間にはクッションのような働きをする
「椎間板」という組織が挟まっています。

椎間板は、柔らかなゴムのような組織と
それを包む線維質でできていますが、
過度の負荷の繰り返しや加齢によって、
その中身が押し出されて線維質が
膨らんだり傷ついたりすることがあります。

これを、椎間板ヘルニアといって、
その出っ張った椎間板が周りの神経に触れることで、
神経痛が起きて痛みます。

腰椎のあたりはほかの脊椎に比べてよく動く部分なので、
ヘルニアも起きやすいのです。

お尻や太ももがしびれて痛む

お尻や太ももの裏側や、ふくらはぎなどが痛むのが特徴といわれています。
びりびりと、しびれるように痛くなって、
くしゃみをするときなどに電流が走ったような感覚を感じることもあります。

椎間板ヘルニアが起きる位置によって、
痛む範囲は違ってきますが、
お尻から脚へと痛みが広がるのが一般的です。

腰痛や筋肉痛と勘違いしてしまうことも多いそうですが、
下肢痛があって休んでも痛みがとれない場合は、
坐骨神経痛と疑った方がよいようです。

長い間ほおっておくと神経障害が起きて筋肉の働きが衰えて、
歩きづらくなったりすることもあるようです。

ですので、心当たりがある方は、
早めに受診をするほうがいいようです。

 

予防と症状を抑えるにはセルフケアも大事

筋肉をつけて椎間板の負担を減らすには…

腹筋

あおむけにねて静かに頭を持ち上げます。
無理に状態を起こそうとするとかえって腰を痛めるので
軽く持ち上げる程度でOKです。
軽い疲労感を覚えるまで続けましょう。

お腹と腰回りの筋肉はコルセットのような存在です。
しっかりと補強しましょう!

背筋

四つん這いになって右手と左足を同時に浮かせて、
痛みがなければ水平まで上げます。

上げられるところまで上げたら、
5秒間静止して静かにおろして深呼吸をしましょう。

反対側も同様に行って、左右一回をワンセットで
4~5セットを繰り返します。

腹斜筋

横向きに寝た状態から、両手で支えるようにして
上体を起こします。

そのままひじも曲げながら股関節を
ゆっくりと曲げましょう。
曲げられるところで止めたら、
今度は反対にゆっくりと伸ばしていきましょう。

軽い疲労感を覚えるくらいまで
繰り返しましょう。

猫背は厳禁です!!姿勢よくしましょう!

椎間板に最も強い負担がかかるのは中腰や、前かがみの姿勢です。
こうした姿勢を長く続けたり、
この姿勢で重いものを持ったりするのは避けましょう。

また、意外に知られていないけれど、
長時間、座っていることも椎間板にはよくないのです。

デスクワーク中も、30分に一度は立って歩いたり、
脚を組み替えたりして、腰の緊張を解くように心掛けましょう。

サポーターを使うときの注意は?

痛みが強いときは、市販のサポーターベルトなどで
支えるのも一つの案といわれています。
その際には、自分の体系に合ったものを選びましょう。

ただし、長時間つけていると腹筋が弱くなる原因になってしまうので、
ある程度、痛みが治まったら外すようにするのがいいです。

ちなみに、急激に痛みが出たときは冷やして、
それ以外の慢性期は腰を冷やさないようにすることも大切といわれています。

 

ケアを続けても良くならないときは…

ケアをしても痛みが長引くようならば
専門医の診察を受けることをお勧めします。

消炎剤やビタミン剤や、
神経ブロックなどで対処したりします。

他にも、椎間板ヘルニア以外の原因で見つかることもあります。
気になるときは整形外科になります。

梨状筋症候群(りじょうきんしょうこうぐん)

梨状筋は坐骨神経の通り道にあって、
脚をひねるときに使う筋肉のことです。

この筋肉の間を坐骨神経が通るために、
筋肉に異常があって神経が圧迫されると痛みが生じてしまいます。

普段は、痛みがはっきりしていないけれど、
腰をひねったときに痛むというのが特徴です。

分離すべり症

成長期に頸椎の関節間の骨に疲労骨折が起きて、
それがそのまま癒合しないことがあります。

それだけは障害は起きないけれど、
折れた骨がずれて不安定になる「すべり症」を
発症すると、同じように神経が圧迫されて
坐骨神経痛になります。

その他、筋腫なども考えられます。

まれなケースではありますが、
子宮筋腫など腹腔内にできた腫痛によって、
坐骨神経痛が起きることもあります。

できた場所によって神経を圧迫することがあります。
いずれにしてもMRIを撮ることで、
ヘルニアか否かを判断して、そのうえで治療法を
探っていくようです。

スポンサーリンク