床暖房の費用と電気代とガス代を比較してみました!

スポンサーリンク


この北風が吹く寒い時期、冬。

みなさんはどのようにして
この寒さを乗り切っていますか?

夏に比べると着ている服の枚数も多くなるはず。
着こみに着こんで原始的に
寒さを乗り切っている方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、やはり暖房器具に頼るのが一般的でしょう。
暖房器具には様々なものがあります。

ヒーターやストーブやこたつなど
昔から支持されているものもありますが、
最近では国の指定で禁止とされている機器もありますね。

また、マンション住まいなどの都合により
灯油を使ったヒーターなんかも
使えない方もいらっしゃるでしょう。

そうなった場合やはり頼ってしまうのがエアコンです。
エアコンで暖房を使うと電気代が心配されますが、
寒い中そんなことを言っている暇はない!

一般的に広まっているのは
やはりエアコンか電気ヒーターが多いのではないでしょうか。

この時代、マンションなんかは
どこも最初からエアコンがついているお部屋も多いでしょう。

家を購入した方や、
エアコンがついていないお部屋に住むとなったとしても、
エアコンは必須になっています。

夏も冬も使える機器だからですね。

しかし、電気代がどうしても高くついてしまうエアコン‥。
夏の間はクーラーを使うためどうしても外せないのですが、
冬は違う機器を使うなどして少しでも電気代を抑えたいところです。

そこで、今回ご紹介したいのが
「床暖房」です。

最近となっては少しずつ普及してきているため、
お家を購入しようと考えている方にとっても、
床暖房を検討している方も増えてきています。

そこで今回は床暖房によるメリットと
お勧めしたい理由をお伝えしたいと思います。

1. 床暖房は本当に温かい?
2. 気になる費用は‥?
3. まとめ

 

d00617fd51e2cd9c1faa64d9a055382c_s

 

床暖房は本当に温かい?

床暖房は部屋一面の床に配置します。

形式も電気式と温水式というに種類がありますが、
どちらも温かくなるのは絶対です。

というのも、床暖房は生活している足の下である
床から温かくなります。

そのため、エアコンはスイッチを押してから
温風が吹き出すまでに数分ほどの時間を要しますし、
更にほとんどの「エアコン」という機械は
部屋の壁上部に設置されていますよね。

温かい風というのは上に上がりやすいため、
エアコンから吹き出される温風はなかなか下の方まで来てくれず、
立ち上がると温かいが、座っていると寒い‥など、
足元まで温めることが難しいのです。

更に温風という風が吹くことによる乾燥も心配されます。
寒いとより温かい風を欲しますので、
エアコンの温度を上げてしまいますよね。

しかしそれが、
返って湿度が下がり部屋の中の空気は乾燥してしまいます。

そうなると、肌のカサつきや
乾燥による風邪なんかも心配にります。

それに比べてこの床暖房。

床から温風が吹くわけではありません。
床自体が温まるため、
足元からしっかりと温めてくれ、
また温かい風が上にたまるということもありません。

温かくなった床の輻射熱は
ゆっくりと床から壁や天井などに反射するように温めてくれるため
部屋のどこにいたとしても
温かさを感じることができるでしょう。

更に温風というものがない分、
乾燥するということもありませんので
お肌のカサつきや乾燥による風邪なども心配ありません。

また、更に嬉しいのが、
エアコンというものはフィルターの掃除を
こまめにしなければホコリなどを放出してしまったり
舞い上げてしまったりで体にも害を及ぼしますが、

このフィルターの掃除はとても面倒なものです‥。
その点、床暖房は床下に設定されているもの。

お掃除の必要はありませんし、
またホコリを舞い上げるといったこともありません。
暖房をつけた時のあのちょっとしたホコリ臭さ‥
というのからも解放されるでしょう。

本当に床暖房はお勧めなのです。

 

気になる費用は‥?

ここまで床暖房をかなりお勧めしてきましたが、
やはり体のことを考えて床暖房に変える!と言っても、
費用が気になるところです。

そこでまずは、電気代とガス代比較をしてみました。

最初に申し上げました通り、
床暖房には電気式と温水式という2種類の方式があります。

電気式であると床下にヒーター内蔵パネルを使用するものですので、
電気代のみになります。

しかし、温水式であると、
ボイラーなどで沸かされたお湯を床下に設置された
温水パネルに循環させるようにして使用しますので、
ガス代がかかることになります。

この場合で、電気式と温水式どちらかということによって
電気代とガス代比較をすることにします。

セラミックファンヒータの電気代は?

電気カーペットの電気代を安くする方法

電気代というものは、
深夜の割安料金が設定されているものがありますので
そういったプランを利用すれば深夜の使用は比較的安く済む‥
と考えがちなのですが、
逆に考えると日中の電気代は割高になることがすぐに分かりますよね。

それに比べ、ガス代は大抵深夜や日中の料金に差はなく、
使えば使うほど安くなるものが多いです。

そうなれば日中~深夜関わらず
日常的に使用するなら温水式にした方が
電気代とガス代比較をすればガス代の方が安く済むということで
コストはかなり抑えられそうです。

注意していただきたいのは自宅のガスが
「都市ガス」なのか「LPGガス」なのか
というところ。

それによってもかなり差が出てくるようなので、
最初に確認しておくことが必要でしょう。

また、最初の設置による初期費用は
正直、エアコンと比べて完全に床暖房の方が高くつきますので、
なかなか踏み切れないのが正直なところですよね。

しかし長い目で見れば、
耐用年数は完全に床暖房の方が長いとされています。

エアコンであると数年という寿命があるものが多いため、
買い替えが必要になり、
そこでも費用をかけることになってしまいますが、
その点、床暖房は温水パイプの耐用年数が30年以上!
ということはメンテナンス等もほぼ不要な床暖房、
長い目で見れば圧倒的に床暖房の方が良いのではないでしょうか。

まとめ

ここ数年で「床暖房」にしているお宅や施設は
かなり増えてきています。

それもやはり高い費用よりも、
長い目でみて、
体に与える害が少ないことや快適さが
支持されていることでしょう。

安心安全な床暖房ですので、
是非冬の暖房機器としてお勧めします。

スポンサーリンク