とっても簡単!かわいい通園バッグの作り方

スポンサーリンク


この時期小さなお子様がいるご家庭の皆さんは、
そろそろ4月から通う保育園や幼稚園を
探されている時期なのではないでしょうか。

赤ちゃんだった我が子も気付けば
赤ちゃんではなく子どもとして大きく成長しました。

4月からは他のお友達に囲まれて
楽しい園生活を送ることを想像すると、
これからの成長もとっても楽しみですよね。

楽しい園生活のためにもまずは通う園を決めて、
それに向けての準備を早めから
行っておくのも良いかもしれません。

初めてお子様を園に通わせるご家庭では、
最初は何から準備をすればよいのか、
どこまで準備をしておくべきなのか、
悩む方も多いでしょう。

そこで今回は、園生活向けての
準備についてお話したいと思います。

1. 園生活で一番必要なものって?
2. 通園バッグについて
3. 実は簡単?!手作り通園バッグの作り方
4. まとめ

 

 

園生活で一番必要なものって?

幼稚園や保育園では様々な
行事があるところがほとんどです。

また園によってもその行事の量や種類は様々で、
どこの園でもあるような
「運動会」や「発表会」・「お遊戯会」というものから、
園によっては「製作展」や「クリスマス会」など
ほかにも様々な行事があります。

なんといっても、園生活では
必ずと言ってもよいほど製作の時間があります。

製作はお絵かきから工作などで幅広いカテゴリです。
そんな園で作成したものは
そのほとんどがお家に持ち帰ることになります。

タイミングは様々で、装飾が終われば持ち帰る、
という園から、学期や年度の節目などに
持ち帰るということもあります。

それから、毎日の通園に必要な
運動服やコップ・歯ブラシなどの食器、
連絡帳やお手紙など、
持っていかなければならないものから
持ち帰らなければならないものまでたくさんあります。

そういった理由から毎日手ぶらで
園に行かせるわけにはいきません。
必ず必要なのが「通園バッグ」なのです。

通園バッグについて

通園バッグは、園によって指定があるものから
指定がないものまであります。

ただ、指定がある園に関しても
指定バッグだけでは足りずほかの
バッグを持っていかなければならない場合も
多くあることでしょう。

園生活への準備として必ず必要なものは
まさに「通園バッグ」なのです。

最初の話に戻りますが、
今の段階から準備をしておいて
よいものが通園バッグともいえるかもしれません。

最近では可愛い子供らしい
バッグが売られておりますが、
やはり園児だからこそ手作りの通園バッグで
園に通わせてあげたいとは思いませんか?

心のこもった手作り通園バッグなら
きっとお子様も喜んで園に通ってくれることでしょう。

ちなみに小学校や中学校になると校則が増えることや、
子供も少し恥ずかしがったりすることで
なかなか手作りのバッグを持たせてあげられることが
少なくなるかもしれません。

園児となる子供に是非手作りでのバッグを
プレゼントしてあげると良いかもしれません。

実は簡単?!手作り通園バッグの作り方

手作りともなると裁縫は苦手だし‥
そんな方も多くいらっしゃることでしょう。

しかし、実は通園バッグを作るのはとっても
簡単にできるのです♪普段裁縫等をしなく、
慣れていない方でも大丈夫!

ここで簡単にできる
通園バッグの作り方をご紹介します!

初めて作る方にとっても簡単に作れるよう、
詳しい作り方をご紹介しますね。

<材料>

・通園バッグになる布地
(お子様の好きな柄を選んであげてください♪
それから、丈夫になるようにキルティング素材のものがおすすめです)

・糸、ミシン、チャコペン、裁ちばさみ
・取っ手部分になる厚手のひも

<作り方>

  1. まずは土台となる布地を裏向き(柄が中に来るように)
    半分に折って、鞄の大きさチャコペンで印をつけます。
    (大体A3サイズが入る大きさが良いです)
  2. 印から両側を3センチ、
    口部分を5センチの幅をとってさらに印をつけます。
  3. 外側に沿って布地を裁ちばさみで切っていきます。
  4. 次にミシンを使って早速縫っていきます。
  5. まずは、布地を拡げ、口部分を縫います。
    5センチ余分にとったところを1センチ折って縫っていきます。
    (布の端キレがほつれないようにです)
  6. あまりの4センチほどを折り返して取っ手部分に
    取っ手となる紐を入れこんだ状態で縫っていきます。
    縫いあがりは紐が下向きになるようになります。
  7. 取っ手を持ちやすいよう上側に折り返して折り返した部分と
    鞄の布地が重なる部分をマスのように何度も重ねてミシンで縫います。
    (布が重なり分厚くなっているので縫い針を変えると縫いやすいかもしれません。)
  8. 口部分の反対側も同様にとってをつけるように縫っていきます。
    (取っ手部分が上下同じ位置になるよう注意してください。
    難しければチャコペンなどで印をつけましょう)
    これで口部分は完成です。
  9. 次に鞄の形となるよう、柄が中側、裏地が外側にくるように
    半分に折り曲げて再度を最初につけた3センチの印部分で縫っていきます。
  10. これを裏返せば通園バッグの完成です♪

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

実はこんな簡単な工程で通園バッグが
手作りできてしまうのです。

たくさんいれても破れてしまわないよう、
丈夫なバッグにするためには
少し太めのミシン糸を使うとなおよいかもしれませんね。

お子様が好きな柄の布地を使って作れば、
とっても喜んでくれること間違いなしです♪

この簡単な作り方で
是非作ってあげてみてくださいね。

スポンサーリンク