疲れが取れない人はチェック!内臓疲労を予防する、7つの生活術!

スポンサーリンク


主治医が見つかる診療所で、夏の疲れに関する特集があっていました。

夏の時期は、だるさを感じたり
体調を悪くしたり…不調を起こしやすくありませんか?

夏の疲れだけではなく、普段の生活で仕事の疲れなどを感じている人が
いるのであれば是非、チェックしてみてください。

今回の特集は「夏の疲れの原因は内臓疲労!」

疲れのメカニズムと対処法
疲れにくくなる方法についてです。

 

1. 内臓疲労とは?
2. 内臓疲労を回復するための方法
3. 疲労物質って何?
4. 疲れたときに甘いものが欲しくなるのは何故?
5. 疲れをとるために良い睡眠法は?
6. 手足が冷たくない冷え性、チェック!
7. 10分で効果がある予防法とは?
8. 漢方医がお勧めする!内臓疲労を予防する、7つの生活術

 

外と家との温度差によるだるさや夏バテ
冷たいものばかり取るので下痢になったり、
夏の疲れが出てきませんか?

最近では唾液を使って疲れを測るという最新検査があるみたいです。
驚きですね!

いくら自分が、きつさやだるさを周りに訴えても
怠惰だからと言って認めてくれないもの…

客観的な指標となるので、凄い開発ですよね。

一生懸命、働いている方や楽しく働いている方も
疲労感をかんじないようですが実は体は疲労している。

隠れ疲労ということです。

この数値を知ることによって過労死の予防や
事故や病気を防ぐことが出来ると画期的ですよね。

近年、事故を未然に防ぐために
バス会社や運送会社などで運用され始めました。

ヒトヘルペスウイルス
日本人の90%以上が、10歳までに発症する
水ぼうそうの原因となるウイルス

水ぼうそうが治った後も死なずに体内に潜んでいる
大人になってからは帯状疱疹を起こす原因にもなっています。

ヒトヘルペスウイルスは
宿主の人間が疲れていることを察知すると
唾液から外へ逃げ出そうとする

そこで、唾液中のヒトヘルペスウイルスの数で
人がどれほど疲れているのかを測定できるとのこと

この検査の素晴らしいところは
長時間、あるいは長期間、
強い蓄積疲労があるとか、
3~4日以上の過酷な状況で初めてウイルスが反応するということなので
一日、徹夜をしたとかでは反応しないようです。

ですので、本当に疲れているということが
数値で表さられるということですね。

またヒトヘルペスウイルスには2種類あって

6型
中期的(1~2週間)な疲労で反応

7型
長期的(1か月程度)な疲労で反応

 

では、どうすれば
夏の疲れを取ることが出来るのでしょうか?

 

夏の外出時に疲れを防ぐためにするといいのは、
サングラスと鶏の胸肉がキーワード!

紫外線は目に入ると角膜で炎症を起こすので
大きな疲労の原因となります。

例えば、海水浴に行ったりスキーに行ったり、
運動をしていなくても疲れる。

またオリンピック選手はマラソンを走るときに
必ずサングラスをしているのは疲労を感じさせないため。
紫外線が目に入ると脳が反応して交感神経の働きが強くなり
疲れの度合いが高まってしまうのです。

晴れた日には目から入る紫外線を防ぐために
サングラスをしましょう!

※鶏の胸肉

ボイルしたものを毎日、食べる
鶏の胸肉には「イミタペプチド」という
抗酸化物質が含まれている。

脳の自律神経の細胞に働いて抗酸化力を発揮して、
細胞が元気に、ずっと働き続けることが出来る

こうすることで細胞が本来の機能を失う=疲労
疲労を実際に起こしにくくしてくれる

渡り鳥が長時間、飛び続けられるのは
胸筋にイミダゾールジペプチドが多く含まれるため

この成分は、一日に200mgが抗疲労効果を現す量

鶏の胸肉は約100gに相当する

これを一週間、摂り続けることによって、
抗疲労効果を実感することが出来るということです。

また、鶏の胸肉は低カロリーで低脂質なので
カロリーを気にしているダイエットの方にも喜ばしいですね!

この成分というのが熱にも安定しているので
焼いても煮ても大丈夫!効果は変わりません!

 

内臓疲労とは

 

疲れによって内臓の機能が低下してくる

実は、この内臓疲労は夏の疲れと大きく関係しています。

1.夏場は冷たいものを摂りすぎると
胃と小腸の粘膜の血流が低下する

2.消化吸収が悪くなって
未消化の食べ物が腸内へ下っていく

3.お腹が痛くなったり下痢になる

4.腸内で悪玉菌が増え、
血液中に悪玉菌の毒素が入り込む

5、肝臓が毒素を分解するために働き、

疲れ切ってしまう

6.肝臓の疲れが体全体の疲れに行きわたってしまう。

内臓疲労回復のメリット
・夏バテ解消
・下痢や便秘の解消
・感染症の予防
・快眠
・肌荒れ解消と美肌
・脳が活発になる

あなたの内臓は疲れてる?
内臓疲労度チェック!

1.夏になると体がだるくて重くなる
2.肌荒れや口の周りに吹き出物がよくできる
3.便秘や下痢が続くことがよくある
4.風邪をひきやすくなった
5.食欲がなく胃が持たれることがよくある
6.睡眠時間を十分にとっているわりに日中も眠たい
7.気分が憂鬱で頭の回転が鈍っていることが増えた
8.つい冷たいのもを多く摂ってしまう
上記の中で1~3個の場合
内臓疲労が始まっている可能性があるので要注意!
4~6個当てはまっている方
すでに内臓脂肪を起こしている可能性が高い!
7個以上当てはまる人は
内臓疲労が進行しているので
早めに医療機関に相談することをお勧め!

 

内臓疲労を回復するための方法

 

全国各地で行われ医療関係者の間でも
大変、注目されている体操をご案内!

ゆる体操です。
全国で教室が開催され約600万人が実践しています。

聞いたことがありませんか?
腰や足を、ゆるゆるする体操です。

全身の色んな筋肉を普通、固まっている筋肉を
ときほぐれるように緩めていく、
リハビリのなかの一環としてトレーニングできる体操!

内臓もほとんど筋肉でできているので
内臓が固まって血流も悪く代謝も落ちて
実際の活動が低下している。

夏は、温度が高いので、冬と違って
体はたるんでいるような印象を受けるが
実際は結構、固まっている。

内臓疲労の原因は
内臓を構成している筋肉が固まり
動きが悪くなっている

例えば暑い夏場に冷房に長時間当たるなどすると、
体の内部が冷えてしまう内臓が固まってしまいます。

通常の骨格の筋肉と違って内臓が自分の意思では
動かせません。

今日は、ちょっと心臓を早く動かしてみようかな?ちょ思ってもできない。
胃腸にしてもそうであって臓器を自分で操ることができないのです。

固まりやすい内臓を、ゆる体操で緩くすることが出来る。

体の中にある筋肉の中で唯一、自分の意思で動かせるのでは、
横隔膜だけといわれています。
内臓に接していて横隔膜を動かして内臓全体を動かし、
内臓の機能を回復させることができます。

その内臓を、ほぐしてくれるのが、ゆる体操!
横隔膜を大きく上下させることによって
まさに内臓の疲労をとるためのメゾット!

ペコポコペコー体操
一日3セット程度

  1. 椅子にすわり大きく息を吸う
  2. ペコ~と声を出しながら、お腹をへこませる
    この段階で横隔膜が締まって内臓を引き上げている
  3. ポコ~と声を出しながらお腹を膨らませる
    この時、横隔膜がたるんで内臓を下に引き下げています。
  4. もう一度、ペコ~と声を出しながら、お腹を凹ませる

これを繰り返して息を全て吐き切る

※横隔膜が動いていることを意識しながらしましょう!

ゲストの人がしてみた感想は、
汗がじわ~っと出てくる。
血液が体全体に行きわたっている感じがする
血流が回って視界が明るくなった

最近、疲れ気味の人は横隔膜を動かして内臓の血流を改善し
内臓疲労を回復させる運動として
是非、取り入れてみてください!

 

疲労物質って何?

 

なんとなくだけど乳酸が溜まる=疲労物質と
思ってしまいませんか?

ですが、これは違ったようです。
運動すると乳酸が溜まります。
この乳酸というのはエネルギー源になったり
疲労を回復する物質になるので
乳酸は、いくら溜まっても疲労感は覚えないということです。

最近の研究で見つかったことは
FF(ファティーグ・ファクター)
疲労因子と呼ばれるたんぱく質の一種

活性酸素、ウイルスをやっつけてくれるいい面もあるけれど、
私たちの細胞を傷つける両刃の剣みたいなもので、
その活性酸素が私たちの細胞を傷つけることによって
FFが細胞から出てくる、たんぱく質。

 

疲れたときに甘いものが欲しくなるのは何故?

 

体の疲労は炭水化物でも脂肪でもタンパク質でも
ある程度、回復することができます。

ところが脳の栄養というのは基本はブドウ糖だけ。
なので脳のブドウ糖が枯渇して、
脳が疲れた場合には劇的に効きます。

ですが慢性の働きすぎや、脳を痛めすぎの場合は、
あまり効かないので注意が必要!

すごく集中して頑張った時には、脳の中のセロトニンが足りなくなるので
セロトニンが足りなくなると甘いものが食べたくなってくる。
食べると一瞬、セロトニンが増えてきてリラックスした気分になります。
が、また、すぐに枯渇してしまい、すぐに甘いものを
食べたくなってしまう。

なので一時しのぎであって長続きしないので
長続きするためには本当の伝達物質の原料をきちっと入れていかないとダメ!
それは食事の方で栄養補給し摂る方が大切。

脳内物質セロトニンを増やすには
肉・魚・大豆などでタンパク質やビタミンB群を摂る

616ed5af53b836cb111461d367b63dd8_s

 

疲れをとるために良い睡眠法は?

 

1.寝汗をかかない程度の温度で一定にする
2.睡眠時間は90分の倍数がお勧め。

寝入った後に室温が適度になっていれば
お休みタイマーでエアコンがなくても良いが
夜中も、やはり暑いというときにはエアコンは冷たくない温度に
設定して、かけっぱなしのほうがいいです。

汗をかいているっていう状態は
交感神経が働いてしまっている状態なので注意!

寝ているときには副交感神経が優位でなければいけないんです。

また、睡眠は長さではなく質が大事!
夜の10時から深夜2時までは睡眠のゴールデンタイムと呼ばれていて、
多くの成長ホルモンが分泌されるといわれています。

この時間に爆睡するのが一番のお勧め!

夢を見たり寝返りを打ったりするときは、
脳はめちゃくちゃ働いているので質のいい睡眠ではないんです。

睡眠は、90分のサイクルなので
90分の倍数で寝るのも良い。

 

手足が冷たくない冷え性

 

冷えはしていないのに手足が寒いと訴える人が多くなっている。

体温調節の仕組み
寒さを感じると中心部の血流を増やし、
生きるために必要な内臓の熱が奪われないように調節

そのため、手足の末端に血液が十分に届かなくなってしまい
冷えの症状が出てくるという仕組み。

体の中心部の温度が下がっている
漢方の中では「裏寒」

「裏」というのは内臓を示しています。

「内蔵型冷え性」
体温を調節する働きが衰えて内臓の温度が低下。
腹部を中心に冷えを感じる
主におなか周りを中心に体が冷えている状態

通常の冷え症とは違って手足の温度は変わらないため、
発見するのが難しいともいわれているので厄介です。

特徴として、内蔵型冷え性の場合は
交感神経系が弱いので、本来であれば寒ければ血管が収縮して
熱が逃げにくいように調節をするのですが、それができない。
自律神経のバランスが悪い

この内臓の冷えこそが内臓疲労の原因なんです。
内臓が冷えると内臓の機能が落ちてしまう。

感染症に弱くなったり、
体全体の色んな機能にも影響を及ぼしてきます。

一説によると体温が、1度下がると
免疫力が、30%低下するとも言われています。

この内蔵型冷え症を発症しやすい人とは?
1. アトピー性皮膚炎
2. アレルギー体質
3 腹部の手術の経験者

アトピー性皮膚炎の方が皮膚の表面に炎症を起こしているので
熱を持っているので、ここから、どんどん熱が逃げて
体の中心部が冷えてくる。

ぜんそくや、花粉症などのアレルギー体質の方も
発症しやすいようです。

腹部の手術の経験者は、
メスを入れることで血管や神経が団レルするため、
血液の流れが悪くない内臓が冷えてしまう。

内蔵型冷え性の特徴
1.ガスが溜まりやすい
2.夏に悪化しやすい

症状が出やすいのは腸、
冷えてくるとが巣が溜まりやすくなって便秘がちになってしまう。
そのために、おお腹が貼って来てしまい
これも内蔵型冷え性の特徴といわれています。

特に夏は危険!
体温調節が苦手なので、お腹の中が冷たいので着込むと
表面は暖かいので汗をかいてしまう。
また、脱ぐと熱が逃げて内臓が冷えてしまう。
特に夏は冷蔵と夏の外の炎天下の暑さの、
2つの環境を行ったり来たりしなければいけないので
夏に症状が悪化しやすくなってしまいます。

※内臓が冷えやすい危険な人

チェック!!
一つでも当てはまると内臓型冷え性の可能性あり!

  1. 手足が温かいのに、お腹が冷える
  2. 昼夜の生活リズムが逆転することがある
  3. 天気が悪い日に体のだるさを感じることがある
  4. 太り気味で運動が、ほとんどしていない
  5. アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー体質である
  6. お腹がはってガスが溜まりやすい
  7. お腹を手術したことがある

 

最初は、腸からやられてきます。
小腸、大腸が冷えてしまっている。
最後には、肝臓や腎臓、女性の場合は卵巣まで機能低下に繋がるので、
そういうところの機能も落ちてくる
それが非常に深刻な問題なので
根が深いので早いうちに手を打たなければいけません。

 

10分で効果がある予防法とは?

 

ズバリ!10分全身浴

入浴も自律神経をフルに動かしている。
体温を上げるために、それを調整するように
自律神経が働いてくるが
絶えずやることによって自律神経が鍛えられてくるとのこと。

夏場は特に暑いのでシャワーで簡単に済ませてしまう人も多いですが、
効果は期待できなので、10分間、お風呂に浸かることが大事です。

1.最初の5分間は首まで、しっかりとつかる

水圧が体全体にかかり、
体の中心に血液が集まるようになる。更に肩の凝りも和らいでくる
温度は、40度から42度に設定。
この間に湯船の中で肩甲骨をストレッチすると良い
ゆっくり5秒×2回

2.次の5分間は状態を起こして胸元までお湯につかる
脳に回る熱が減って、のぼせを防ぎ
下腹部に熱が回り内臓が温まる

トータルで、10分間経ったら、お湯がら上がる

ぬるめのお湯は緊張している人は交感神経が強い方、
あまり冷えがない方には良いが
内蔵型冷え性の場合は、熱がもともと放散しやすいので
ぬるめのお湯に入ると体温が下がってしまう関係から、
ある程度、熱を外から供給してあげなくてはいけなくなります。

もう一つの注意ポイント
熱が逃げやすいので長風呂は避ける
長風呂は汗を、かきすぎてしまって熱が奪われ、
かえって体温を下げる場合がある

 

漢方医がお勧めする!内臓疲労を予防する、7つの生活術

 

  1. 寝る前にないとキャップ
  2. 朝にカルダモンカレー
  3. 帽子で紫外線を防ぐ
  4. ウナギは白焼きがおススメ
  5. ダブル発酵
  6. グラスが汗をかくまで待つ
  7. 寝る前にツボ押し

 

1.エアコンを除湿モードにして外より2度低く設定→安眠しやすい

睡眠中に体を冷やしすぎると自律神経が乱れて
内臓疲労に繋がる。

特に睡眠中は頭を冷やさないことが大事。

2.朝カレー
アサリを入れるのが良い。

あさりには疲労回復の作用が非常に強いもの。
ビタミン類が凄く多くタウリン、肝臓の機能を高めるます。
タウリンは水溶性なのでアサリ缶の汁は捨てずに使うこと!

フェンネルやコリアンダーなどのスパイスを入れるとなお良い。
特にスパイスの女王! カルダモンを入れると良い。
カルダモンを入れることによって腸の働きを活発にして免疫力をアップする。
更に脳の血流を増やして循環を良くしてくれるので、
頭がすっきりして、よく働くから仕事もできる、勉強もはかどるのでベスト!

市販のカレーにカルダモンを加えるだけでもOK!

他にもコーヒーや紅茶にカルダモンを加えるのもお勧め!
ほんのわずか加えるだけも香りがよく美味しく飲めます。

3.外出の時には、つばの広い帽子で紫外線を防ぐ。
紫外線は体には一定程度が必要で全部シャットアウトするのは良くない。
なので、麦わら帽子などの少し紫外線を通すような帽子がお勧め!

4.疲れを感じたときには、鰻
ビタミンAが多く、脂溶性ビタミン
ビタミンAは粘膜を強化するため、夏風邪を引きにくくする

ウナギは奈良時代から「食べる薬」といわれた夏バテ予防食です。

また、うなぎの肝にはビタミンAが身の2倍含まれているともいわれ、
内臓の粘膜を強化して内臓疲労を予防してくれます。

ウナギ料理は白焼きがお勧め
蒸さないため良質の脂などの栄養が多く残っているので、
ビタミンEやミネラルが多く内臓疲労の予防になります。

5.甘酒

疲れを感じるようになったら甘酒を飲む。

甘酒には2種類あって、酒麹から作られるものはアルコールが含まれているが、
米麹から作られるものは、アルコールを含みません。

お米と麹でできているものはノンアルコールです。
アミノ酸やビタミンが、すごく多いので飲む点滴といわれています。
甘酒は吸収が良いため、早い疲労回復が期待できます!

◎味噌漬け◎

日持ちがするのが特徴なので持ち歩いて食べるもの良い。
ミョウガや大根、たけのこ、キュウリなど…。

いろんなミネラルが入っているので、
ビタミンが非常に豊富。

発酵食品を、2つ3つまとめて摂ることで、
腸内環境を良くして疲労を回復します。

6.グラスが汗を書くまで待ち(10~15度)内臓の負担を軽くする
冷たいものを飲まないようにする

急に冷たいものを体に入れることで、
また37度に戻さなくてはいけなくなります。

内臓の疲労がとれないので非常に良くない!
健康のためを考えるのであれば、
井戸水の温度ぐらいが、ちょうど程よいので、
この温度になるまで一息入れてのむように心掛けましょう!

7.ツボ押し、足三里(さんり)
膝から指4本程度、下がった場所の骨と骨のくぼんだところ。

足の疲れや胃腸の疲れにも非常に良いいです。
就寝前に、ゆっくり5回程度×5セットをツボ押しするといいです。

 

まとめ
1.横隔膜を動かして内臓を刺激
2.お風呂や睡眠の仕方を工夫
3.食事で腸内環境を整える

 

いかがでしたか?
夏の疲れだけではなく、普段から疲労を感じている人は、
チェックして生活に取り入れてみることで少しは改善していくと思います。

スポンサーリンク