糖質制限を正しくしなければ痩せれない!

スポンサーリンク


炭水化物だけを抜くだけでは、
必ずリバウンドだけして
失敗に終わる!

正しい糖質オフのダイエットを!

今までに、たくさんのダイエットをやってきた中でも
糖質オフダイエットは結果がでた一つのダイエット法です。

食べる順番を守り、食べる時間を一定にし、よく時間をかけて咀嚼し、
適正量の炭水化物を食べること。

これが、いわゆる糖質オフ制限です。
最近では、いろんな情報が流れていますが
実際に自分が試してみて一番、感じたのは

「失敗しない糖質オフのダイエット」

これを目指せれば、結果が出るまでに個人差があるものの、
最終的に行きつくところは、ここなんです。

出来ることならば、糖質オフだけではなく
毎日、少しばかりの運動だったりするのがお勧め。

そうすることで必ず食事のストレスの負担も軽くなります。

不思議なもので運動をすると、お腹が空くのではないか?とか
無駄に動くことで、逆に、しんどくなるのではないか…とか
想像する人もいると思います。

実際に私も、軽いウォーキングだけでも抵抗がありました。
ですが、ガッツリ一時間、ウォーキングするとストレス発散になりました。

この体系なので決して、体を動かすことが好きなわけではないですよ…

実は実行するのが難しいんですけど、
本来あるべき糖質オフダイエットの食べ方です。

一番のコツは

 慣 れ 

なんです。

私の場合、3週間くらいかかってはしまいましたが
妹も同じ時期にはじめて2週間くらいから、慣れてきました。

【なぜ食べてもいないのにリバウンドするのか?】

最近では、肥満のメカニズムが、たくさん研究されるようになり、
次第に解明され、とにかく食事の全体量を少なくすればいいというダイエット方法が
間違いであることがわかってきましたね。

実際に私は当時、100キロ近く体重があったんですが
病院の外来にかかり、入院を勧められました。

入院中の食事の量は、550キロカロリー。
一食につきではなく、一日に550キロカロリーです。

3週間の入院なのですが、面白いくらいに体重が落ちていく、落ちていく…。
この話については、また次回、お話しますね。

一歩進んで、炭水化物を減らすだけでも劇的に痩せられるという
淡水化物ダイエットも、少し前にも流行りました。

ですが、やみくもに炭水化物を抜く食事だったり、
ご飯などの主食をカットしてしまうと、リバウンドを起こす確率が非常に高まり、
実際、炭水化物ダイエットに失敗した人は結構、多いと思います。

そのうちの一人が私だったりするわけです…

なぜなのか?

それは、人間に備わっている能力というのはすごいもので、
食事による栄養が極端に減少すると、体を無意識下に節約モードにし、
少量の栄養を必死に脂肪として貯蓄しようとする。

だから、ある程度、痩せたところで食べた
炭水化物の量が少量であっても脂肪太りをしてしまうという、
メカニズムになっています。

【ごはんを食べなければ痩せられない?】

実際に糖質オフの生活をして思うのですが炭水化物の正しい量を
食べるのが一番のポイントといえるかと思います。

逆説的な言い方になると、正しい量の主食を、
しっかり食べないと、きちんと痩せることができないということです。

もちろん、今までの食事に比べると少ない量だし、
その食べ方にもコツがいったりもします。

それが

「太らない食べ方」

となるわけです。

一番、大事なのは血糖値を食事によって急上昇させないこと!

主食の白米や食パン、
上白糖たっぷりのスイーツなど炭水化物は残念ながら
血糖値を急上昇させやすい。

血糖値が急上昇するとインスリンが多量に分泌され、
余ったブドウ糖を体脂肪として、どんどん蓄積されていくので
これが太る原因になるわけです。

同じ主食を食べるにしたとしても、
食べる順番として

◎ スープ ◎

6acd3b76a003ecf5a92d86f0489d4e27_s

◎ 野菜 ◎

703c06db99508f276b877803ecae363e_s

◎ タンパク質 ◎

616ed5af53b836cb111461d367b63dd8_s

の後に炭水化物を食べるのと、いきなり炭水化物を食べるのとでは、
血糖値の上がり方が全然、違ってきます。

きちんとした食べ方をすると血糖値は緩やかに
逆に炭水化物を先に食べるののであれば急上昇しやすいということになります。

太らない食べ方を実行するだけでも大きく結果は違ってきます。

 

 

なぜ!糖質制限ダイエットは失敗しやすいのか?

まず糖質を完全に断つ

栄養失調だと体が無意識に判断

糖質制限を緩めたとたんに脂肪としてため込む

あまり食べてもないのにリバウンドする

結論!!
糖質制限は、食べなければならない
ギリギリの糖質量を把握することにあり!

スポンサーリンク