卒業式の服装について♪年代別・女の子編

スポンサーリンク


ここ最近毎日、寒い日が続きますね。

冬の訪れをひしひしと感じる今日この頃です。
クリスマスが終わると大晦日で1年が終わります。

お正月には新年の幕開けを感じるとともに、
年度末である3月の近づきを感じ、
「旅立ち」のシーズンへと変わります。

特に学生の方にとっては3学期に入れば
卒業式へのカウントダウンということで、
在学生にとっては先輩との別れ、
卒業生にとっては後輩やお世話になった先生、
学び舎との別れと新しい生活への巣立ちの時期として、
残りわずかな時間を大切に過ごしたくなるものです。

また保護者の方にとっても大切な子どもの卒業となると、
幼稚園や保育園時代から
小学校、中学校、高校、大学とどんな時代でも
やはり感慨深く様々な思いにふけることでしょう。

卒業式というとこれまで過ごした
学校生活の集大成であり、
別れと新たな生活への第一歩である
境目になる行事です。

これまで頑張ってきたこと、
楽しかったこと、嬉しかったこと、つらかったことなどが、
卒業式でたくさん蘇ってくるのに加え
後になっても輝かしい思い出になることでしょう。

そんな学生生活に終わりを告げる
一つの節目となる卒業式、
最後の行事として思い出に残る
輝かしい式にしたいと思いますよね。

別れで悲しいという思いもありますが、
保護者にとっては我が子の成長と旅立ちを
感じられる晴れの舞台です。

そんな卒業式の準備として気になるのが服装。
学校によっては制服があるところもあれば、
ないところもあります。

制服がある学校なら、
制服で卒業式に出るのが当たり前ですが、
制服がない学校ではどのような
服装がふさわしいのでしょう。

特に女の子にとっては卒業式で着る服装は悩みがちです。
素晴らしい卒業式を迎えられるよう、
今のこの時期から準備しておくのも良いかもしれません。

今回はそんな方のために卒業式に
「ふさわしい」「おすすめしたい」
女の子の服装を年代別にご紹介したいと思います。

1. 幼稚園・保育園
2. 小学校
3. 中学校・高校
4. 大学
5. まとめ

 

「卒業式の服装について♪年代別・女の子編」の続きを読む…

大切な卒園式、母親の服装マナーを知っておこう

年長のお子様がいる母親のみなさま、
寒くなってきたこの季節、
少しずつ卒園の時期に近づいています。

幼稚園や保育園での生活は
お子様にとって本当にかけがえのない大切な思い出であり、
大きく成長した期間だったことでしょう。

年長さんでは1年間の行事に
すべて「最後の」という言葉がついてしまい、
大きくなった喜びと園生活の終わりに
少し寂しさを感じます。

最後の遠足に最後の運動会やお遊戯会、
たくさんの思い出が今後のお子様の生活にも
必ず支えになってくれることでしょう。

楽しかったことや頑張ったこと、
いろんな思い出がすぐに蘇ってきますよね。

そんな1年を通した最後の締めくくりとなる行事が
「卒園式」です。

卒園式ではそんな様々な思いがめぐる
感動の式になることは間違いありません。

母親にとって成長したわが子の卒園式を見届けるには
涙なくしては過ごせない一日となることでしょう。

そんな卒園式、締めくくりとして
ふさわしい一日にするためにも
今の時期から少しずつ準備をしておくことをおすすめします。

特に、初めて子供の卒園式を迎える母親にとっては
「初めて」の行事です。

直前になってバタバタと準備してしまっては
漏れがあったら大変です。

そこで、今回は今から準備をしておきたい、
卒園式での母親の服装マナーをお話ししたいと思います。

1. 卒園式の母親の服装マナーとは?
2. 卒園式の服装を決めるとき悩んだら‥?
3. まとめ

 

「大切な卒園式、母親の服装マナーを知っておこう」の続きを読む…

成人式の二次会や同窓会、気になる服装は?

年が明け、お正月が終わるとすぐにあるのが
そう、成人の日。

来年2017年は1月9日月曜日にあたるようです。
成人の日は毎年曜日によって日付が変わります。

1999年までは毎年1月15日として
決まっていたそうですが、
2000年からは、ハッピーマンデー制度導入により、
1月の第2月曜日ということになりました。

そのため、毎年成人の日は変わるようになり、
大体1月の8日から14日までの
いづれかの日が「成人の日」として
毎年制定されるようになったそうです。

そんな来年2017年の新成人に当たる方は
1996年度に生まれた方。

つまり、1996年の4月2日から
1997年の4月1日に生まれた方にあたります。

今年2016年の4月2日から
2017年年の4月1日までに20歳になる方です。

来年の成人式に出席予定の方にとっては、
そろそろ今の時期から準備を始めている事でしょう。

成人式には地域によって
新成人が集って「実行委員」などを作り、
式を司会進行したり盛り上げたりする場所もあるようです。

そのような方はもちろん、
成人式の準備としてこの時期から既に始めているようです。

また、成人式といえば人生で一度の
おめでたい日です。

男性の方で最近はスーツの方が
増えているようですが、
女性は華やかな振袖で出席される方がほとんどでしょう。

前撮りなんかを考えている方は現段階から
すでに、振袖のデザインを決めたり、
前撮りが完了していたりとするかもしれません。

このように成人式では一般的とされている
服装が男女ともにあります。

成人式は正式な公的な「式典」であるために、
いわゆる「正装」をするのがマナーでもあるかもしれません。

しかし、気になるところが
その式典後に開かれるであろう二次会と呼ばれる同窓会の服装。

大体、小学や中学、高校などで
共に過ごしたメンバーと久しぶりに
集まる同窓会が企画されている方が多いと思います。

しかし、同窓会は公的な式典ではありませんので、
成人式のように「正装」というものはあまりありません。

では、どのような服装をするのが一番良いのでしょうか。

1. 男性の成人式後同窓会の服装
2. 女性の成人式後同窓会の服装
3. まとめ

 

「成人式の二次会や同窓会、気になる服装は?」の続きを読む…