身体が怠い、眠い原因は「ナルコレプシー」かも!改善策はある?

スポンサーリンク


しっかり寝ても眠い、怠い。
仕事をしていても家事をしていても眠くなる。

このように、昼でも眠くて
起きていられない症状を
「ナルコレプシー」と言います。

「ナルコレプシー」は、
まさに不眠症と反対の症状で、
「眠り病」とも呼ばれています。

実は、日本人の多くが「ナルコレプシー」を
発症している事が分かっており、
世界中を見ても患者数は群を抜いています。

1. 強い眠気、気怠さ…「ナルコレプシー」とは?
2. 眠気、怠さ以外にも!「ナルコレプシー」の詳しい症状
3. どうして「ナルコレプシー」は発症するの?
4. まとめ

 

「身体が怠い、眠い原因は「ナルコレプシー」かも!改善策はある?」の続きを読む…

花粉症?いや…実はその症状って副鼻腔炎かも?

なんだか鼻がすっきりしない…。

頭も重くて、うっとうしい…
そんな嫌な感覚を感じたことありませんか?

花粉症の季節が終わっても、
そんな症状が残っている人、
または、風邪が長引いている人は、

気が付けた方がいいかもしれません。

おそらく、トラブルが起きている場所は、
鼻のず~~と奥で
自分では見ることができない領域、副鼻腔かもしれません。

あんまり聞いたことがない名称かもしれませんが、
副鼻腔炎自体は珍しいものではないようです。

ただ、こじらせて慢性化をすると
非常に厄介ともいわれています。

それに、副鼻腔のある場所は頭や目にも近いために、
いったん、問題が起こると思わぬ重い症状を
引き起こすこともあるようです。

自分の体の一部なのに、
鼻の中って知らないことばかりですね。

そこで、副鼻腔炎の症状などについて
まとめてみました。

 

1. 副鼻腔って何?どんな症状なの?
2. 蓄膿症との違い
3. 長引くと、そのままにしていても治りません
4. その咳の原因も鼻水かも…。
5. 一週間、続くのであれば耳鼻科へいきましょう
6. 意外と気づいていない鼻づまり

 

「花粉症?いや…実はその症状って副鼻腔炎かも?」の続きを読む…

病気

低血圧の症状と改善する3つのポイント!

生活をするのに支障がある低血圧!
体質だからといって、あきらめないでください!

午前中は、いっつも体がだるい…
時には立ちくらみをしたり、
夏の時期には普通以上に体が、だるく感じる…。

その原因とは血液循環がスムーズに行かずに、
こうした症状が起きるのが低血圧といわれています。

多くの場合、血液の収縮や拡張をつかさどる自律神経の働きが
弱いことが原因と考えられます。
子供や高齢者、若い女性に多く見られる症状です。

命にかかわる問題でないと安易に思ってしまい
我慢して過ごす人も少なくないようですが
この症状がひどくなると生活の質を大きく下げてしまうこともあります。

なんだか、もったいない気がしませんか…?

1.低血圧とは
2.原因は体質と生活習慣
3.こんな時に起こりやすい
4.改善のためにできること

 

「低血圧の症状と改善する3つのポイント!」の続きを読む…

病気