就職祝いに喜ばれる品物と贈るタイミングとは?

スポンサーリンク


就職祝いは、社会人として
スタートラインに立った人を激励し、
声援を送るためのお祝いです。

就職祝いは、家族や友人など、
親しい間柄で行われるのが一般的となっています。

品物と同時に、社会人になったことへの
励ましのコメントなどを添えると思い出深いものになります。

また、祝い品を贈るばかりではなく、
家族た友人同士で記念旅行をしたりするものいいでしょう。

社会人になると、
家族よりは会社の同僚や上司などとつきあいが多くなるので、
家族の絆を深めるという意味でも、
こうした機会を利用していきたいものです。

では、就職祝いの品物はどういったものが
いいのでしょうか?

 

1. 就職祝いの品物選び
2. 贈り物は、タイミングよくしましょう
3. お祝いのお返しは気持ちで
4. まとめ

 

 

就職祝いの品物選び

社会人としてスタートを切る人にふさわしい、
新生活に役立つ贈り物を選ぶようにします。

男性の場合、財布や名刺入れ、
万年筆などが一般的ですが、
もう少し高価なものなら電子手帳やカバン、
パソコンなどでもいいでしょう。

5b33ca91b394ef975e37add7e52cb614_s

b6499801b493d8b484c58ca74ebff198_s

 

また、ワイシャツやネクタイ、ベルトなど身に着けるものは
サイズや好みがあるので、
デパートの商品券やギフト券などにする方が喜ばれます。

女性の場合は、ネックレスやイヤリングなどのアクセサリー類、
化粧品セット、ハンドバックやスカーフなどが無難です。

これも好みがあるので、
贈る相手の趣味や好みの傾向をよく考慮して、
慎重に選ぶことが肝心です。

また男女を問わない贈り物として、
書物やCDなども考えられます。

一年生のマナー読本のような、かたいものではなく、
相手に是非、読んでもらいたいと思う本を選ぶのがコツです。

音楽の趣味などを知っていたら、
その人の好きそうなCDを贈ると、
印象深いお祝いになるでyそう。

独り暮らしには生活用品も喜ばれます。

就職祝いの贈り物は、
あくまでも相手の気持ちになって、
真心のこもったものを選ぶことが大切です。

 

贈り物は、タイミングよくしましょう

就職祝いの品物を贈るタイミングは
意外とむずかしいものです。

最近は高校や大学を卒業して就職する場合、
ほとんど前年に内定が決まっています。

内定が出てすぐに贈るのでは、
本人がその気になっていないので不自然ともいえます。

実際に就職を意識し始めるのは、
卒業を迎えることですが、
会社の入社式が三月中に行われるところもあります。

ですから、贈り物は卒業祝いをかねて三月に、
しかも就職日の前日までには渡すようにするとよいでしょう。

家族などに就職日をそれとなく聞いておく方が
無難です。

また、贈り物を郵送する場合には、初出勤の一週間前までに
届くようにします。

お祝いの品は時期をはずすと間の抜けたお祝いのものになってしまうので、
贈るタイミングに関しては十分に注意をするようにしましょう。

 

お祝いのお返しは気持ちで

就職祝いお返しは、基本的には必要がありません。
ただし、贈ってくれた方の真心に応えるためにも、
電話でていねいにお礼を伝えたり、
お礼状を書くなど、社会常識的なことはすべきです。

心ばかりの品をもって挨拶に出向くと喜ばれます。
もちろん、品物だけではなく、
社会人になって一か月経た感想などを述べれば
なによりの返礼となるでしょう。

まとめ

自分が就職したときにも、身内などからたくさんのお祝いをもらいましたが、
一番、嬉しかったのは、やはり現金だったような気がします。

自分の好みのものを購入することができますし、
一人暮らしを始めるにあたって何かと揃えるものが多かったので、
頂いた就職祝いでそろえていくのも楽しかったります。

また、品物だったら形として残るので
感謝の気持ちも忘れずにいられますね。

もしも、品物に迷った際には、
商品券や、お祝い金をおすすめします!

スポンサーリンク