子供の卒業式、40代の母親に似合う服装と髪型は?

スポンサーリンク


子供の卒業式という晴れ舞台、
どんな服装や髪型で行こうか迷ってしまいますよね。

地味すぎても派手すぎても場違いな卒業式。

特に、40代の母親は、
まだまだ若くて綺麗という事もあり、
20代や30代の頃と同じような服装で
出かけてしまいがちです。

ですが、主役はあくまでも子供。
40代の母親に一番ふさわしい服装をご紹介します。

1. 万人受け抜群!スーツブランドのパンツスーツがおしゃれ
2. 『自由区』の落ち着いたワンピースが大人気!暗カラーを選ぼう
3. 髪型はヘアサロンのヘアセットにお願い!リーズナブルで使える
4. まとめ

 

万人受け抜群!スーツブランドのパンツスーツがおしゃれ

最近の卒業式の服装のトレンドは、
スーツブランドのパンツスーツです。

『洋服の青山』『AOKI』など大手スーツブランドはもちろん、
町中に溢れているスーツブランドで
パンツスーツをチョイスしましょう。

一昔前は、スーツと言えばスカートスーツが定番でした。
もちろん、スカートスーツも悪くはありませんが、
女性のスカートスーツはリクルートっぽくなりがちです。

パンツスーツであれば、
リクルートっぽさは薄れ、
スタイリッシュな母親像を演出する事ができます。

また、パンツスーツは万人に対して好印象です。
卒業式は、子供が主役とはいえ、
気になってしまうのが同性の目、
いわゆるママ友の目です。

ママ友の目を掻い潜るには、
やはりスカートは避けておくのがベストです。

スカートが持つ女性らしさは、
時に同性の反感を買ってしまう事もあります。

特に、卒業式という子供にとって大切な場においては、
あまり目立たないような服装をして
行く事も自分と子供を守る事に繋がります。

パンツスーツは、TPOをわきまえた大人の母親という印象に加え、
「仕事も家庭も真摯に頑張る」デキル女をアピールできます。

誰にとっても受け入れやすい為、
子供も恥ずかしい思いをする事がありません。

また、カラーもブラックではなく
ベージュやグレーを選べば、
よりリクルート感がなくなります。

ベージュなら優し気、グレーなら知的、
カラーによって演出したい母親像に寄せられるのも嬉しいですよね。

『自由区』の落ち着いたワンピースが大人気!暗カラーを選ぼう

40代の母親に人気のブランドと言えば、
『自由区』です。

「高すぎない範囲で、ちょっと質のいい服装がしたい」
という女性たちに支持されています。

良質な素材の洋服は、
どんな女性も品よく魅力的に見せてくれます。

シンプルな色味と形でも、
どことなくワンランク上の装いを醸し出す…
そんな上質な女性の姿こそ、『自由区』の特徴です。

『自由区』の洋服を卒業式に取り入れる際、
選びたいのが暗カラーのワンピースです。

上下別の洋服を組み合わせるのはおしゃれ上級者であり、
コーデに自信がない方はワンピースを選ぶのが得策です。

裾はフレアになっていないタイプで、
いたってシンプルな形のワンピースが正解です。

丈も、ひざ上でなくひざ下が
大人の落ち着いた母親に見えるコツですよ。

ノースリーブのワンピースにジャケットをオンといったスタイルも、
きっちり感が出て卒業式らしいです。

また、カラーは暗めが鉄則です。
せっかくだからと白やピンクといった
特徴的なカラーに柄物を選んでしまっては、
目ざといママ友からファッションチェックを入れられたり、
子供の友人から「あなたのお母さん、目立ってるね」と
揶揄われかねません。

無地で暗カラー、そしてシンプルな形のワンピースが
卒業式にふさわしいと言えるでしょう。

更に、オススメはワンピースの下に
黒いストッキングの重ねばきです。

ヌーディなベージュのストッキングも悪くはありませんが、
なるべく素肌を出していないように
見せておいて損はありません。

黒いストッキングで、
露出を最小限に止めましょう。

髪型はヘアサロンのヘアセットにお願い!リーズナブルで使える

服装が決まったら、
髪型も合わせて上手に決めたいですよね。

その際、利用したいのがヘアサロンのヘアセットです。
ヘアセットと聞けば、
何だか高額なものといったイメージがありますが、
今のヘアセットは2,000円程度です。

プロに、服装にあった髪型を
オーダーするのが安心ですよ。

一番やってはいけない事は、
自分で巻き髪にしてしまう事です。

元々、パーマの方なら問題ないのですが、
ストレートの方が巻き髪にすると、
巻きが束になって「やりすぎ感」が出てしまいます。

「やりすぎ感」が出た巻き髪は、
どうしてもコンサバになりやすく、
下手すると「ぶりっ子」よりに見えてしまいます。

たまに、ラメを頭に振りかけている母親もいますが、
絶対に止めておいた方がいいでしょう。

ヘアサロンに行く時間がない方は、
きっちり整えたストレートヘアか、
毛先を少し巻いただけの髪型が無難です。

ただし、自分で巻いた場合、
突風や雨で巻きが落ちてしまうので、
天気によってはストレートの方が便利な事もあります。

まとめ

子供の卒業式という晴れの舞台を台無しにしない為にも、
服装と髪型は念入りにしておきたいものですよね。

「出る杭」にならない事を徹底し、
他のママ友より目立たないような服装を心がけましょう。

スポンサーリンク