生理の悩み解決!少しの異常が不調のサインかも?

スポンサーリンク


自分の生理って友達とかで話したことありますか?
経血量だったり日数や周期などまでは恥ずかしがらずに
話せるかもしれませんが人には聞けない悩みもありますよね。

意外と知らない生理のこと。
誰かと比較するわけではないだけに
基準が分からないのでに知ると意外に少しの異常が
不調のサインになるかもしれません。
見逃しがちになっている生理の異常があるかもしれません。

過多出血だと子宮筋腫や子宮内膜症、
生理がずっと続くと甲状腺の病気などの疑いがあります。

その謎や悩みをチェック!

  1. 生理がいつ、始まるのか知りたい
  2. みんな何日くらいに終わるの?
  3. 生理の量って普通、どのくらい?
  4. ナプキンをしている時のムレが気になる
  5. 昼で夜用のナプキンを使ってるけれど量が多いの?
  6. 周期が乱れがちなのは、どんな理由が考えられる?
  7. 生理通は少しの痛みは我慢するべき?

 

4a2c980501f0cb70723afed63fe27210_s

 

 

 

1.生理がいつ、始まるのか知りたい

 

・高温期になって12~14日目に生理は開始する。
・基礎体温をつけるのが一番

基礎体温は、朝、目が覚めてすぐに計った体温のこと。
正常な基礎体温は一定の周期で変化していき、
生理が始まる時期や排卵期なども予測しやすくなっています。

基礎体温をつけるのが一番、といわれています。
安定した高温期になって12日~14日目に次の生理が来ます。

基礎体温をつけることが出来ない場合は、
体のサインをメモすることもお勧めです。

おりものが温泉卵の白身のようになる排卵あたりから、
胸やお腹の張り、便秘などが出てきて、数日後に生理になるなど、
何年も経ってくると、
毎月のことだから把握できるようになってきます。

 

2.みんな何日くらいに終わるの?

 

平均すると6日くらい。
正常な出血持続日数は、3~7日間といわれています。

もし、10日以上続くのであれば子宮筋腫などの病気が考えられます。
逆にすぐに終わってしまう場合、
無排卵月経の可能性もあります。
その場合は、一か月程度、基礎体温をつけてから、
産婦人科で診察を受ける事をお勧めします。

 

3.生理の量って普通、どのくらい?

 

経血量は個人差があります。
目で見て普通かどうか分かりにくいので不安がある人は
婦人科を受診するのが一番です。

大手のナプキンの製造社、花王の調査によると
一回の生理の量は、19~252gとのこと。
ナプキンは、3~4時間おきにトイレに行ったときに交換するという人が
多いようです。

 

4.ナプキンをしている時のムレが気になる

 

原因は、経血が吸われないのがムレの原因となります。
解決方法としては、吸収力の良いナプキンを使うのが一番の解決!

ナプキンは肌に当たる部分だけではなく、
裏側も通気性のよいナプキンを選択するのがポイントになります。

また、べったりと張り付いたりせず、
点で触れるような構造のナプキンもお勧めです。

生理の終わりかけは経血量も少なくなってくるので、
その段階で、「軽い日」用のナプキンに切り替えるのも
一つの手段です。

 

5.昼で夜用のナプキンを使ってるけれど量が多いの?

 

職種によっては、なかなかトイレに行かれなかったり、
安心感があるなどの理由で昼でも夜用を使う人は珍しくありません。

量には個人差があるし、ナプキンを取り換える頻度にもよるので、
難しいとところ。

ただ、自分で量が多いかもと思うなら、
一度、婦人科で検査を受けることもお勧めします。

 

6.周期が乱れがちなのは、どんな理由が考えられる?

 

まず、考えられるのは、ホルモンバランスの乱れ。
ストレスや不規則な生活などが原因であることが多いようです。

排卵の有無を知るためにも
基礎体温を、しっかりつけることもお勧めします。

ピルなどを利用することで解決する場合もありますが、
早期閉経の疑いがある場合は、
早めの治療が必要となります。

 

7.生理通は少しの痛みは我慢するべき?

 

我慢しないで婦人科の受診をお勧めします。
最近は、10代~20代でも子宮内膜症や子宮筋腫の人が増えています。

将来、不妊にならないためにも、
治療を始めるには早いにこしたことがありません。

不妊治療で、初めて内膜症が見つかる場合も多いですが、
それだとすぐに妊娠するのが難しいこともあるようです。
063474

 

  1. からだが重い、だるい
  2. 腹痛が、ひどい
  3. イライラが治らない

 

下腹部痛みだけではなく、片頭痛に悩まされているひともいます。
これは、女性ホルモンのエストロゲンと
プロゲストロンの分泌量が生理前後に大きく増減するため。
辛いときは我慢せずに鎮痛剤などに頼ることも大事です。

 

 

スポンサーリンク