プランター野菜の種まき~収穫まで。春野菜を楽しくおいしく♪

スポンサーリンク


「畑なんてないし」と野菜作りなんて
不可能と思っていませんか?

楽しそうだし、興味はあるけれど‥
そんな方に今回おすすめしたいのが
「プランター野菜」です!

確かに最近では畑がある
ご家庭はほとんどないでしょう。

畑は大きな土地がないとできませんので、
昔から畑があるご家庭においては
自分で野菜作りということもあるかもしれませんが、
最近では野菜作りをしているのは
農家ぐらいで一般家庭での野菜作りはほぼ見かけません。

それゆえ、「自分で野菜を作る」という
作業は重労働にも思えますし、
縁がないものに感じてしまいがちです。

ですが、そんな方でも簡単にできる
「プランター野菜」というものがあるのです。

1. プランター野菜について
2. プランター野菜の初心者なら春野菜がおすすめ?
3. プランター野菜で春野菜を作る、種まき~収穫まで
4. まとめ

 



 

プランター野菜について

その名の通り、プランターを使って野菜を育てること。

「プランター菜園」
「プランター栽培」

とも呼ばれています。

どうしてもおすすめしたいのかというと
プランター野菜はメリットがたくさんあるからなのです。

プランター野菜のメリットは
「プランター」を使うため場所をあまりとらないということ。

それから、スーパーなどで有機野菜を買おうと思うと
かなりの値段になってしまうことがあります。

しかし、プランター野菜なら自分で育てる分、
スーパーで買うよりも安い値段で作ることが出来るんです!

また正しい収穫の方法や種まきの方法を知っていれば
毎年育てることができるということも?!

プランター野菜は普通の野菜栽培と同様に
種まきをしてから収穫までの工程や時間は
野菜の種類や季節によって変わります。

野菜を育てるわけですから、
収穫までは月日を要するものもあります。

しかし、野菜として出来上がるまでは
花がついたり葉の色が変わる様子を観察できたりして、
違った楽しみ方もできます。

自分で心を込めて作った野菜なら、
出来上がったときの達成感と喜びは想像以上のものですよ。

プランター野菜の初心者なら春野菜がおすすめ?/h3>

「野菜を作ったことなんてない!」
「本当に自分でできるの?」

そんな不安があるが、
プランター野菜に挑戦したい方!
是非春野菜を作ることをお勧めします。

どうしておすすめなのかというと‥
春といえば植物が光合成をして活き活きと輝く季節です。

適度な気温と湿度、そして日光があふれる
春というのは野菜をつくる時期にとても適しています。

そのため、春に植えられる野菜が多いんです。
ちなみに、ここでの春野菜というのは
春に種まきをする野菜を指します。

春に種まきをする野菜は夏に収穫できるものが多く、
また実ができるものが多いので、
出来上がったときの達成感と
収穫の楽しさがあるのが魅力ですね。

この達成感や楽しさを味わい、
自分で作った春野菜をおいしく食べられれば、
今後ももっといろんなプランター野菜に
挑戦したいという気持ちにもなりますよね。

プランター野菜で春野菜を作る、種まき~収穫まで

プランター野菜も普通の野菜と同じ時期に
種まきや収穫を行います。

特に初心者でも簡単にプランター野菜を
作ることが出来る春野菜は、
枝豆、オクラ、ししとうなどが代表でしょうか。

これらはとても簡単で確実に作りやすいので
プランター野菜初心者の方にもとってもおすすめです。

この3つの種まき~収穫についてここでご紹介いたします♪

枝豆

種まきは春ごろ(4月~6月)に行います。

枝豆自体、高温に強く25℃以上の環境が
一番育てやすいとされています。

逆に低温には弱いため、
13℃以下の低温が続くと弱ってしまうことがあるので
低温の場所は避けるようにしましょう。

種まきをしてから1週間~10日ほどで芽が出てきます。
育てる間は葉っぱの様子を見ながら
水をやっていきましょう。

葉っぱの成長と開花のタイミングを見ながら、
実が出来上がるのを待ちます。

大体種まきから3か月程度で収穫できるようになります。
ただ、枝豆は収穫できる期間が短く、
放っておくと熟しすぎてしまい
食べられなくなってしまいます。

毎日様子を観察して、
収穫できるタイミングを見計らっておくとよいかもしれません。

オクラ

こちらも枝豆と同様、
種まきは春ごろの4月~6月ごろに行います。

収穫時期も同様で生長に3か月程度必用なので、
種まきをするタイミングによっては
6月~9月ごろが収穫タイミングと言われています。

この時期に種まきをすることは
これも枝豆と同様に暑さにつよい春野菜だからです。

ですが、枝豆よりも育てやすい代表とされている理由が、
気温の幅が広く30℃程度でも耐えてくれますし、
10℃以下を避ければ強く育ってくれるということです。

とても育てやすいオクラですが育て方によって
収穫できる量も変わりますので、
よりよい育て方を知っておくと良いかもしれません。

ちなみに、オクラは身がなると成熟しやすく、
すぐに柔らかくなってしまうため、
実がなったらすぐに収穫した方が良いでしょう。

ししとう

ししとうは2月下旬ごろから種まきを行います。
収穫時期は6月~10月ごろ。

ししとうの魅力は次々と実がなり、
大量収穫が期待できるところです。

育てやすい上にたくさん収穫ができるので、
初心者ならプランター野菜の楽しさを
味わえること間違いありません♪

種まきから収穫までに少々月日を要しますが、
高温にも強いため、この時期には最適のプランター野菜です。

たくさん収穫したいなら実が出来た時点で
どんどん収穫していくと良いでしょう。

そのままにしておくと、
かぶの部分の栄養が実に吸い取られてしまい、
次の実をつける力が減ってしまいます。

まとめ

今回は3つのプランター野菜が
楽しめる春野菜をご紹介しました。

意外と簡単で手軽に楽しく作れるプランター野菜ですが、
やはり共通して言えるのは
「しっかりと見守る」こと。

毎日様子を観察することで
おいしい野菜が出来上がります。

失敗してしまった時のショックは大きいかもしれませんが、
出来上がったときの達成感と喜び、
そしてその野菜のおいしさは格別です♪

家庭菜園にお悩みの方、
この機会に是非プランター野菜を
始めていてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク