あなたのマナー、大丈夫?30代女性のお呼ばれドレスの選び方

スポンサーリンク


30代になると、友人の結婚式も重なるお年頃。

20代の頃と違い、
場違いなドレスは冗談で済まされない年代です。

派手すぎても地味すぎても
ふさわしくない結婚式のお呼ばれドレスだからこそ、
失敗がないよう念入りにチェックしたいですよね。

今回は、30代女性が抑えておきたい
お呼ばれドレスの選び方をレクチャーします。

1. こんな色や素材は絶対にダメ!空気が読めない女扱いされちゃうかも
2. 20代の頃に買ったお呼ばれドレスを着回しはアリ?ナシ?
3. 脇役に徹しすぎると悪目立ちしてしまう?!バランスが大事
4. まとめ

こんな色や素材は絶対にダメ!空気が読めない女扱いされちゃうかも

結婚式は、あくまで花嫁の為のもの。

仲の良い友達にお呼ばれしたからといって、
目立とうとする必要はありません。

ましてや、花嫁と同じ色、
すなわちウェディングドレスを連想させる
白やベージュといった色は絶対に外しましょう。

「ちょっとだけ入ってるくらいならいいよね?」と
部分的に白が入っているドレスを着てくる女性もいますが、
これも避けておくべきです。

10代や20代なら、
「まだマナーが分かっていないのね」と済んだ事でも、
30代で同じ事をしてしまうと、
ただの空気が読めない女です。

最悪、結婚をする幸せな花嫁への当てつけかと
思われてしまう可能性もあり非常にリスキーです。

また、ウェディングドレスを連想させる色を避ける他にも、
花嫁っぽいヘッドドレスやアクセサリー、
ブーケのような造花がついたアイテムもNGです。

空気が読めない女以上に、
「あの子、もしかしたら花嫁の事、嫌いなの?」と
怖い女扱いされてしまう事も…。

そんな事になると、
せっかく結婚式に素敵な男性が参加していても
チャンスを逃す事になってしまいます。

特に、独身の女性ほど
結婚式のマナーは気をつけなければいけません。

更に、結婚式には革製品といった
殺生にかんするアイテムも禁止です。

晴れの舞台に殺生は禁物ですので、
革のバッグや靴、コートも止めておきましょう。

また、アニマル柄も人によっては
不快に感じる事もある為、
避けておく方がベストです。

20代の頃に買ったお呼ばれドレスを着回しはアリ?ナシ?

色々とお金がかかる結婚式への参加。

できたら節約したいと思うのは仕方のない事ですが、
20代の頃に買ったお呼ばれドレスを
着回しするのはナシです!

何年か経てば流行も型落ちし、
いくら一日しか着ないとはいえ、
少し不自然な印象を与えてしまいます。

変な話、独身女性であれば、
適齢期の独身男性と出会える場でもあります。

そんな貴重な場に型落ちした着回しドレスだなんて、
ちょっともったいないと思いませんか?

自分の魅力をさり気なくアプローチする為にも
新しいドレスは必要不可欠です。

また、いくら最近の30代は20代並みに若々しいとは言っても、
肌や髪の質は確実に落ちています。

ですので、20代の頃と同じドレスを着れば、
若作り感が出てしまう恐れがあります。

こういった若作りに対して周囲は厳しい視線を持っている為、
「年相応じゃない」「若いと勘違いしている」と
思われてしまうかもしれません。

また、反対に、20代の頃には似合わなかった
落ち着いたデザインや控えめな色のドレスが
30代には似合うというメリットもあります。

30代には30代らしい素敵なドレスが待っています。
そのようなドレスを着た方が、
自分自身の格を上げる事にも繋がり、
独身女性にとっては良い出会いのある
結婚式になるという事もあり得ます。

ここは、「花嫁の為」ではなく
「自分の未来の為」と割り切って
新しいドレスで挑みましょう。

脇役に徹しすぎると悪目立ちしてしまう?!バランスが大事

結婚式は花嫁の為のものですが、
かといって脇役に徹しすぎて地味一辺倒になるのも
結婚式にはふさわしいと言えません。

結婚式は、あくまで華やかな晴れ舞台。
そんな中に一人、黒い地味なデザインのドレスを着ていけば、
かえって悪目立ちしてしまいます。

同じフォーマルな場でも、
お葬式寄りになってしまうのは避けましょう。

また、マナーを意識しすぎて長袖のロングドレス、
露出は一切なし…というのも微妙です。

結婚式でロングドレスを着る年代は、
おばあちゃん世代の女性のみ。

30代女性がロングドレスを着れば、
必要以上に老けて見られる上、
慇懃無礼な印象になってしまいます。

もちろん、ミニも論外ですが、
ひざの少し下程度の丈感が無難です。

更に、気をつけたいのが露出ですが、
ノースリーブ程度であれば
特に失礼というわけではありません。

ですが、体型に自信がない方は
ボレロなどで隠してもOKです。

また、首元に良質なアクセサリーをつける事で、
視線を二の腕やお腹回りから
首元へと逸らす事ができます。

良質なアクセサリーの輝きは、
肌のトーンをワントーン明るく見せる効果もあり、
一つ持っておいて損はないアイテムです。

まとめ

マナーが守れる大人の30代女性は、
同性から見ても異性から見ても好印象に映ります。

もしかしたら、友達の結婚式で
自分の将来の旦那様を見つけてしまう…
という嬉しいチャンスが待っているかもしれません!

その時に備えて、
結婚式にふさわしいお呼ばれドレスを手に入れましょう。

スポンサーリンク