えっ、数万円台も?!地味にスゴイ♪お年玉切手シートの買取価格とは?

スポンサーリンク


お年玉つき年賀はがきで、
3等に当選すればもらえるお年玉切手シート。

お年玉切手シートが当たる確率は50分の1、
当選本数は約6千本という高確率ですから、
一生において1度は当たった事がある方も多いと思います。

このお年玉切手シートは、
毎年、52円切手と82円切手が2枚セットになった
小さなシート状になっています。

ハガキや手紙を出す際に利用してもいいのですが、
実は、思いがけない価値がありました。

1. 使ってしまうのは勿体ない!古いものほど価値が高い
2. すぐに売ってしまいたい…。そんな時、オークションがオススメ!
3. お年玉切手シートが当選した!郵便局で期限内に引き換えよう
4. まとめ

 

使ってしまうのは勿体ない!古いものほど価値が高い

干支の絵柄がプリントされたお年玉切手シートは、
見た目も可愛らしくつい進んで使ってしまいがちです。

でも、お年玉切手シートは古いものほど
価値が高くなる傾向にある為、
52円切手や82円切手として使ってしまうのは勿体ないです。

例えば、昭和25年のものだと
4万円程度の価値があると言われています。

当たった時点で使わずに残しておけば、
月日を経て何十倍もの価値が発生するのです。

普通に使ってしまえば200円程度にしか利用できませんが、
4万円となるとちょっとしたお小遣いですよね。

とはいえ、年によっても価値が違い、
翌年の昭和26年は8,000円と一気に価値が下がりますが、
続いて昭和27年は24,000円と価値が復活しています。

そして、昭和28年が15,000円で、
やはり本来の切手分の価値より上がっています。

ですが、それ以降は価値が育っておらず、
昭和29年と昭和30年は8,000円、昭和31年は6,000円、昭和32年は2,400円、昭和33年から昭和38年は1,000円程度です。昭和40年以降は200円程度、昭和50年以降は100円程度で、平成に入って200円程度の多少復活し、近年では230円程度まで価値を上げ戻しました。

このように、古いお年玉切手シートには
大きな価値が眠っているかもしれません。

すぐに換金するのは難しいものの、
50年以上保管していれば価値が飛躍しますよね。

切手収集家の方の中には、
自分の子供、孫へと古いお年玉切手シートを
受け継がせる事もあるそうですよ。

すぐに売ってしまいたい…。そんな時、オークションがオススメ!

何十年も保管していれば、
数万円の値打ちがつく事もあるお年玉切手シート。

とはいえ、なかなかそんな根気は持てないですよね。
当選後、すぐに使ってしまうという方法もありますが、
スマホが普及した今の時代、
なかなか手紙を出す機会もありません。

また、干支の絵柄の切手は、
どうしてもお正月のイメージが強く残ってしまいます。

お年玉つき年賀状で当選した干支の絵柄のお年玉切手シートを、
お正月が過ぎて使うのは少しチグハグな印象です。

12年後、同じ干支のお正月時に使うのも面倒ですよね。
そんな時は、オークションで
切手収集家の方に向けて売ってしまいましょう。

切手収集家の方は、切手に対して非常に強い熱意を持っている為、
お年玉切手シートを何十年も保管するのは容易いものです。

その為、お正月後のオークションで、
その年の干支のお年玉切手シートを物色する方も多いと聞きます。

何十年保管されたお年玉切手シートほど価値は上がらないものの、
300円程度で取引される事なら珍しくありません。

300円程度であれば、
普通に使ってしまうよりいくらか値打ちが上がります。

すぐに売ってしまいたい方は、
お正月明けのオークションが狙い目ですよ。

お年玉切手シートが当選した!郵便局で期限内に引き換えよう

当選する確率が高いお年玉切手シートですが、
当選が分かったら最寄りの郵便局で引き換える事ができます。

その際は、当選した証拠となる年賀状を持参します。
また、健康保険証や運転免許証など、
公的な身分証も必要です。

ちょっと大げさな気もしますが、
誰かの郵便物から盗んだ年賀状という可能性もゼロではない為、
そういった万が一に備えて身分証を提示します。

また、会社で当たったお年玉切手シートの引き換えには、
自分が会社の従業員だと証明できる
健康保険証か謄本などが必要となります。

お正月後に当選するお年玉切手シートですが、
引き換えは7月頃までが基本です。

まだまだ夏には遠いからと放置しておくと、
いつの間にか引き換え不可能な時期に
なっていたという事も少なくありません。

当選したら速やかに引き換え、
オークションで売るか保管をするか考えましょう。

まとめ

ただの切手と捉えてしまいがちなお年玉切手シートですが、
数十年も保管すると大幅に価値が跳ね上がる可能性があります。

もし、自宅に眠ったままのお年玉切手シートがある場合、
その価値を調べてみると楽しいかもしれません。

思いがけず、ものすごい価値が眠っていると嬉しいですよね。
お年玉切手シートは、使いようによっては
3等以上の価値を発揮してくれる素晴らしい商品です。

一度、その価値を見直してみてはいかがですか?

スポンサーリンク