今から準備を始めよう!小学校入学準備に必要なものとは?

スポンサーリンク


寒い日が続き、
そろそろ秋も終わりを告げようとしています。

季節は冬。月日が経つのは早いもので、
あっという間に年越しをして
新年を迎える事でしょう。

年が明ければ年度末に向かって
一瞬で時間が過ぎ去ってしまいます。

こうして1年を振り返ってみると
いろんなことがあったということを
思い出させてくれます。

年長のお子様がいるご家庭にとっては
幼稚園や保育園での園生活が
あっという間に過ぎ去り、
気づけばお子様も大きく成長したことを
感じさせてくれます。

この時期になれば園での生活も残りわずか。
卒園式に向けて少しずつ子供たちや
園の先生たちも準備を始めています。

保護者にとってもとてもこれまでの
園生活を振り返りつつ、
心の準備をし始めていることかもしれません。

最後の締めくくりにふさわしいよう、
卒園式の準備も今からしっかりして
おかなければなりませんね。

さて、そんな保護者の方にとって
卒園式ももちろん大切なことですが、
卒園式が終わればすぐに
小学校への入学式が待っています。

幼稚園や保育園から、
小学校に入学というのはとても大きなこと。

たくさんの変化があります。
それに伴い、準備をしておかなければならないことが
たくさんあります。

卒園式でもちろん余韻に浸りたい
気持ちもありますが、
卒園式が終われば入学式や入学に向けて、
これからの小学校での生活に向けての
準備もしっかり進めておくべきでしょう。

その時期は必ずと言って良いほど
バタバタと忙しくなりますので、
卒園式への準備と合わせて入学準備も
進めておくことをおすすめします。

それでは具体的に小学校入学準備に
向けて必要なものを確認していきましょう。

1. ランドセルや登校鞄
2. 体操着や制服、上履きや運動靴
3. 勉強に必要なもの
4. お道具箱と良く使う筆記用具
5. その他
6. まとめ

 

 

c5a9f8b0203df641662c000636f713e5_s

ランドセルや登校鞄

小学校入学の準備といえばまさにこれ!

一番最初に思いつく人が多いのではないでしょうか。
祖父母などからの小学校入学の
お祝いの定番とも言えるランドセルですね。

早めから準備をする
ご家庭も多いことでしょう。

しかし、学校によっては登校鞄が指定されており、
ランドセルではない小学校もあるようです。

そういった場合には早めに準備をしておいたのに
いざ入学となればランドセルは使わない‥
そういった事態を避ける前にまずは入学する
小学校の鞄はランドセルなのか?
指定鞄なのか?
を確かめておく方が良いでしょう。

体操着や制服、上履きや運動靴

これは必ず必要です。
ですが、入学前に採寸などを
行っている小学校が多いので、
買い忘れるといったことはないでしょう。

小学校は6年間もあり心ももちろんですが、
体も大きく成長し体型も変わります。

採寸の際にはその時点でぴったりの
サイズにしてしまうと
すぐに買い替えなければならないことになりかねません。

実際のサイズよりも少し大きめを
買ってもよいかもしれませんね。

ご近所付き合いのあるお兄ちゃんお姉ちゃんがいるのであれば
その後着まわしていくこともできるかもしれません。

靴については外履きの指定がある学校は
少ないかもしれませんが
上履きは指定ある学校が多いです。

早めに購入しておき、名前などを書いて
準備しておいても良いでしょう。

外履きについては運動シューズなど
なるべく動きやすいものを選ぶようにしましょう。

勉強に必要なもの

小学校は幼稚園や保育園と大きく違うのが
「勉強」がメインになるということです。

園生活ではお絵かきや製作、
遊びなどの「遊びを学ぶ」ことが
メインだったかもしれませんが、
小学校に入れば「勉学」ということになります。

そのために確実に必要になってくるものが、
筆箱、鉛筆、消しゴム、下敷き、といった
書き物に必要なものですね。

学校によってはそれらの種類にも指定があり、
小学校なら大抵はシャープペンシルではなく
鉛筆(Bや2Bなどの濃さも)を指定されることが多いです。

鉛筆は削っていけばなくなっていくものですので、
5本ほど準備しておくとよいでしょう。
また、ものさしやコンパスもや
分度器も必要になりますので、
早め早めに準備していく必要がありますね。

それから、「勉強に必要」といえば
教科書は絶対必須です。

こちらは学校指定のものがありますので、
必ず勝手に買わずに学校からの販売や指定があってからの
購入にするようにしましょう。

購入しておいた教科書が指定のものと違っては
また買い直す手間になってしまいます。

入学式当日に配布する学校もありますので、
準備する前に確認するのが良いでしょう。

お道具箱と良く使う筆記用具

勉強に必要なものに分類されるかもしれませんが、
あえてここでは分けて記載します。

ここで言う筆記用具は日常的にも
必要になってくるものです。

具体的には、のり、はさみなんかのことです。
クレパスや色鉛筆なども小学校によっては
購入指示がありますのでそういった場合には
何色入りのものが必要かも
確認した方がよいかもしれません。

授業では図工や算数の時などに
使用することが多いですが、
いつでも、どういった場面でも使う可能性があるものです。

更に学校指定の「お道具箱」といって
そういった筆記用具を入れておく箱を
購入する必要がある場合がありますので、
そちらは必ず確認しましょう。

その他

忘れがちなもので、
きんちゃく袋や体操着の袋など。

これに関しては指定としている学校は
少ないですので子どものお気に入りの布地を使って
手作りするご家庭が多いようです。

指定ではありませんが
必ず必要なものですので準備しておくとよいでしょう。

まとめ

今回は小学校入学前にしておきたい
準備物をご紹介しました。

こう見てみると小学校に入学するというだけで
こんなにも準備が必要なのか‥と
少し驚愕してしまいます。

それでも小学校は子どもの成長に
大きく関わる時期。

学年が上がるにつれて必要になってくるものも
たくさんありますが、
順次準備をした方が良いものもありますので、
まずは入学前時点で出来る準備を
早めから取り組んでおくとよいかもしれません。

卒園式直後、入学準備でバタバタしてしまうことを
避けるためにも今から何が必要かを
事前に調べておきましょう。

スポンサーリンク