知っている人だけが得をする!年末調整と確定申告

スポンサーリンク


この時期になってくると耳にする年末調整。
そもそも、年末調整って何?
確定申告って何?という人も多いかと思います。

耳にしたことはあっても
実際の細かいことは
会社の担当部署に任せている
という人も多いのではないでしょうか。

そこで、年末調整と確定申告についての
知って損はしない情報
お伝えしたいと思います。

1. 年末調整って何?
2. 確定申告って何?
3. 最後にワンポイント

 

db4d705951df4e1fd649577e7964ef45_s

 

年末調整って何?

毎月、年金や健康保険の自己負担分、
そして所得税などが引かれて
お給料が引かれているのが一般的です。

その所得税ですが、
これは扶養の家族数で算定された
暫定のもので毎月引かれているのです。

今の時期になると、
会社から「生命保険の控除証明書を出してくれ。」
とか「この書類を書いて提出してくれ。」とか、
いろいろと話があるかと思います。

一年を通して支払うべき所得税は、
年間を通して支払った年金や
健康保険等の社会保険料、
生命保険や地震保険、
住宅ローンを組んでいる人だと
住宅ローン控除など様々な控除を経て
決定されるものです。

そのため、年末に一年間の見直し=調整をして
多く払っていた場合は還付、
逆に少なかった場合は足りない分を
払わなければなりません。

「払ったこともないし、戻されたこともないよ」と
思う方もいらっしゃるかと思います。

この調整は年末のお給料
または年明け1月の給料の中で
調整されるものなので、
よく給与明細を見ないと分かりません。

これが年末調整というものです。

確定申告って何?

確定申告と年末調整って
何が違うんだろう?
そうお思いの方もいらっしゃるかもしれません。

基本的に会社勤めの方で、
会社でしっかりと年末調整をして
貰えばいちいち自分で申告をする必要はありません。
しかし、それでもしなければならない人、
またした方がいい人というのがあります。

まず、しなければならない人ですが、
1年間のうちにいくつかの会社に
所属していた方が該当します。

これは、年末時点で所属していた会社で
しか年末調整がされないので、
それ以前に所属していた会社の分も
申告が必要ということです。

また、住宅ローンを組んで住宅を取得し、
居住が今年の方です。

住宅ローン控除を受けるためには、
居住年のはじめに確定申告をする必要があります。

確定申告をすると、
税務署から残りの控除期間分の必要書類が届きますので、
翌年以降はその書類を年末調整の時期に会社に提出すると、
年末調整で控除を受けることが出来ます。

最初の年だけ、
面倒ですが確定申告をしてください。

そして、確定申告をした方がいい人ですが、
これは細かいことを言うとたくさんあるので、
大きく分けて2つ紹介したいと思います。

まずは年間を通して寄付をしたことがある人。
こちらも申告をします。
今はふるさと納税など一般の人でも
寄付をしているという人が増えています。

寄付をしたということが証明できる
領収証等の書類があれば、
寄付金の額に応じて控除を受けることができます。

2つ目は医療費控除です。
年間を通してかかった病院代、薬代、
またその病院に行くための交通費
(例えば、交通機関やタクシー代です)の額の合計が
10万円を超えていれば、
控除を受けられる可能性があります。

10万と聞くと入院でもしない限り
難しいかもしれませんが、
これは自分自身だけではなく、
奥さんや子供、または両親などに
かかった医療費でも適用となります。

大学生の子供で一人暮らしをしているような家族、
離れて暮らしている両親でも、
自分自身のお給料で養ってあげている
(生計を一にするとよく言います)
家族であれば大丈夫です。

これまで気にせず捨ててしまっていた
薬局の領収証も役に立つときが来るかもしれません。

『必ずお金が戻ってくる!は間違い。』
よく、年末調整や確定申告のご相談を受けると、
「たくさんお金戻してくださいね。」と
おっしゃる方が多いのですが、
皆さん勘違いしないでください。

そもそも、戻ってくるお金(還付金と言います)には
限度があります。

還付金は年間を通じて支払った所得税の
納めすぎた分が戻るというものです。

そのため、還付を受けることのできる額は
みなさんが年間を通じて納めた額が限度になります。

そのため、所得の少ない方は
会社の年末調整だけですべて還付されることもあります。

最後にワンポイント

先ほども話に出ましたふるさと納税ですが、
社会の流れで「やってみようかな」と
いう方も多いかもしれませんが、
やってみる前にシュミレーションを必ずしてください。

控除が受けられて、
税金が戻ってくるのはあくまで
自分の年間を通じて納めた所得税の中での話です。

主婦の方や学生、所得の少ない方は
ただ単に寄付をしたということになってしまいます。

それもそれで悪いことではもちろんありませんが、
お気を付けください。

こうした知識というのは誰かが
丁寧に教えてくれるものではありませんので、
知っている人だけが得をします。

皆さんの今年の年末調整・確定申告が
うまくいくことを祈っています。

スポンサーリンク