母の日のプレゼントに迷ってる?プリザーブドフラワーで決まり!

スポンサーリンク


母の日が近づいてくると、
店頭では様々な母の日用のプレゼント並ぶようになります。

ハンカチ、ショール、財布、ケーキ、お花…などなど、
他にも様々なプレゼントがありますが、
皆さんはどんなプレゼントを贈ろうと考えていますか?

私はいつもギリギリまでノープランなので、
お店に買い行って、何にしようか考えながら商品を物色するんです。

ですが、選択肢がたくさんあり過ぎていつも迷ってしまいます。

皆さんは、何を購入するかちゃんと決めていますか?

私のようにノープランの方、
プリザーブドフラワーなんてどうですか?

華やかで可愛らしいプリザーブドフラワーなら、
母の日の贈り物にピッタリですよ!

1. プリザーブドフラワーってどんなもの?
2. プリザーブドフラワーのお手入れ方法
3. プリザーブドフラワーを購入するにあたって
4. まとめ

 



 

プリザーブドフラワーってどんなもの?

さて、母の日のプレゼントにおすすめしたい
プリザーブドフラワーですが、どんなものかご存知ですか?

ここでは皆さんに分かりやすく
プリザーブドフラワーについてご説明していきます。

プリザーブドフラワーの、「プリザーブド」とは
英語で「保存された」と言う意味の単語です。

その名前から想像できるように、
長期間保存して楽しむ為に作られたのがプリザーブドフラワーなんです。

プリザーブドフラワーは、生花の一番美しい時に花を刈り取って、
水分を取り、色素を取り除くんです。

その後、特殊な染料で花を色付け、
乾燥させて作るのです。

こうして作られたプリザーブドフラワーは、
水やりなどしなくても、枯れずに美しい状態を保てるようになっています。

また、特殊な染料で花を染めているので、
生花では見られないような様々なカラーの花があるんです。

カラーを作っているわけですから、
レインボーカラーなんていうのもあり得るわけです。

ファンタジックで素敵ですね!

このプリザーブドフラワー、保存環境にもよりますか、
なんと年単位で保存可能なんです。

比較的湿気が少ない気候のヨーロッパなどだと、
5年〜10年保存できるようですが、
日本のように湿気が多い気候だと、
ヨーロッパ程の期間保存するのは難しいかもしれません。

ですが、保存状態を気をつければ、
それなりに長い期間、数年は保存する事が可能です。

せっかく綺麗なプリザーブドフラワーですから、
ぜひ長い期間楽しみたいですよね。

プリザーブドフラワーのお手入れ方法

せっかくの綺麗なプリザーブドフラワーですから、
きちんとお手入れして長い期間美しいまま保ちたいですよね。

それでは、プリザーブドフラワーの
お手入れ方法について解説していきますね。

母の日にプレゼントする方は、
お手入れ方法を忘れずにお母さんに伝えて下さいね!

※画像をクリックを楽天に飛びます

◇高温多湿はNG
プリザーブドフラワーを高温多湿の場所に置くと、
ひび割れたり、花びらが透明になってしまったり、
着色液が染み出す液ダレ現象が起きてしまうので気を付けて下さい。

プリザーブドフラワーを置くのに適した温度は18度~25度、
そして湿度は30%~50%くらいです。

プリザーブドフラワーの状態を保つ為に、
温度管理と湿度管理をきちんとしましょう。

◇直射日光はNG

プリザーブドフラワーは直射日光や、
スポットライトのような強い光を当てると、
色あせの原因になってしまいます。

特に、白いプリザーブドフラワーは黄色く変色してしまうので注意して下さい。

綺麗な色合いを保つ為に、
直射日光が当たらない風通しの良い涼しい場所に置くようにしましょう。

◇乾燥剤はOK

プリザーブドフラワーに湿気は天敵なので、
乾燥剤を利用すると良いですよ。

透明のケースに乾燥剤とプリザーブドフラワーを一緒に入れておけば、
安全に保管しておけます。

◇埃を除去するには
プリザーブドフラワーについてしまった埃をどうしても取りたい場合は、
筆タイプのチークブラシで優しく払うか、
ごくごく弱い風を当てて埃を飛ばしましょう。

プリザーブドフラワーはとても繊細なので、
細心の注意を払って下さいね。

プリザーブドフラワーを購入するにあたって

プリザーブドフラワーについていろいろ知る事ができましたね。
知れば知るほど、奥が深いですね。

さて、この素敵なプリザーブドフラワーを
母の日にプレゼントにしましょう!と言うのが、
今回のテーマです。

どんなプリザーブドフラワーをプレゼントしたいですか?

ここでは、プリザーブドフラワーを選ぶ時の、
ちょっとしたポイントをご紹介します。

◇フタ付きのケースが大事

まず、プリザーブドフラワーを購入する際、
フタ付きのケースも一緒に購入できるかどうか気にして下さい。

プリザーブドフラワーはとても繊細ですから、
フタのないケースに入れていない状態で
プレゼントをするのは少々無謀です。

フタ付きのケースの有無を確認して下さい。

◇迷ったら花言葉or誕生花

たくさん種類があるプリザーブドフラワーですから、
どれにしようか迷いますよね。

そんな時は、花言葉や誕生花から
お花の種類を選んでみてはどうでしょう。

母の日ですから、「感謝」の花言葉をもつ
ピンクのガーベラなんていかがですか?

◇価格はお財布と相談

価格はお花の数でも変わりますが、
個人的にプレゼントするものでしたら、
安ければ3000円くらいから購入出来るものもあります。

ただ、リーズナブルなほどサイズも小さく、
デザインも無難なものになっていく傾向があるので、
その場合、お菓子などをセットにしてプレゼントすれば良いかもしれませんね。

ネットでも、母の日用のプリザーブドフラワーと
お菓子のセットなど販売していますから、
気になる方は是非チェックしてみて下さい。

自分で作るキットも販売されているみたいです。
画像をクリックすると楽天に飛びます。

まとめ

普段言えない感謝の気持ちを伝える母の日。

色鮮やかなプリザーブドフラワーをプレゼントして、
お母さんを驚かせちゃいましょう!

花言葉でお花を選べば、
お花好きなお母さんなら気がつくかもしれませんよ。

プリザーブドフラワーにメッセージカードも
添えて渡せれば完璧ですね!

どうぞ心温まる母の日を過ごして下さいね。

スポンサーリンク