高血圧の原因は肥満!効果的にダイエットする方法とは?

スポンサーリンク


生活習慣の欧米化にともなって、
近年では高血圧に悩む方が増加しています。

その多くの原因は肥満です。

肥満の方は、正常な方と比べて
約2~3倍も高血圧になる可能性が高いとされています。

理由は、やはり食事量の多さです。
食事量が増えれば、その分、塩分も過剰摂取に陥りがちです。

塩分、すなわちナトリウムが体内に蓄積されると、
それを薄める為に血管内の水分が流れ出し、
身体全体の血液量が増え、
この現象が血圧を高めてしまうと言われています。

肥満こそ、高血圧の敵です。
効果的にダイエットを行う事で、肥満を撃退しましょう。

1. 「食べる順番ダイエット」で血糖値を上げすぎない
2. 「加熱した食べ物ダイエット」で内臓脂肪を作らない
3. 「野菜ジュースダイエット」で塩分を排出する
4. まとめ

 

「食べる順番ダイエット」で血糖値を上げすぎない

肥満の方のほとんどが、
食事に対して強い執着心を持っています。

食べる事は人間が生きていく上で欠かせない作業の一つですが、
本能のまま食べ進んでしまっては肥満になるしか仕方ありません。

ですが、現在の食事量に慣れている肥満の方が、
いきなり食事量を減らすのは難しく、
リバウンドしてしまう可能性が容易に想像できます。

今の食事量のままで肥満を解消するには、
食べる順番を意識したダイエットが効果的です。

いつも食べている食事内容でも、
順番を変える事で血糖値をコントロールする事ができます。

肥満の方は、食事に対する執着心ゆえに、
つい自分が好きなものを先に食べてしまいがちです。

それを、まずは野菜類から先に
食べるように心がけてください。

野菜類は豊富に食物繊維を含んでいる為、
食事により血糖値を上げにくくしてくれます。

食物繊維である野菜類を食べた後は、
汁物で身体を温めます。

内臓の冷えも肥満の原因の一つですので、
なるべく食事内容には温かいメニューを
取り入れるようにしましょう。

そして、メインの肉や魚を食べます。
メインの肉や魚を食べる頃には、
先に食べた野菜類や汁物で既に胃が膨らんでいます。

ですので、いつもより肉や魚を食べる量が
自然と減る事もポイントです。
そして、最後にパンや米といった主食を食べます。

おそらく、主食を食べる際は、
メインの肉や魚と一緒に食べる事が多いと思います。

ですが、この事こそ、血糖値を上げてしまう大きな原因です。
主食はメインの肉や魚と一緒に食べれば、
どうしても量が進みがちです。これを防ぐ為に、
主食は最後まで後回しにしておきます。

そうする事で、血糖値が急激に上がる事もなく、
肥満防止に役立ちます。

「加熱した食べ物ダイエット」で内臓脂肪を作らない

ダイエットに取り入れられがちな食事内容と言えば、
サラダや刺身を思い浮かべる方も多いと思います。

確かに、これらは低カロリーで
太りにくいイメージがあります。

ですが、実はサラダも刺身も熱が通っておらず、
内臓が冷えやすい食事内容です。

内臓が冷えると、身体は冷えから
内臓を守ろうとして脂肪を蓄えます。

これが、内臓脂肪と呼ばれるものの招待です。
いくらカロリーが低いからといって、
サラダや刺身ばかりを食事内容に取り入れれば、
内臓脂肪が蓄積され高血圧を招きかねません。

野菜や魚を食べる場合は、
温野菜サラダや焼き魚として加熱するようにしましょう。

高血圧と聞けば、何となく冷えとは関係ないようにも感じますが、
高血圧の方は身体の上半身だけに熱を貯め込んでいます。

その為、お腹周りや下半身は
冷え症の方と同じように冷え切っており、
その上、食事量が人より多いものですから、
内臓脂肪が非常に蓄積されています。

内臓脂肪を増やさない為にも、
なるべく生物を食べないようにしましょう。

「野菜ジュースダイエット」で塩分を排出する

塩分、すなわちナトリウムが体内に
蓄積されると高血圧に繋がります。

その為、塩分は蓄積せずにどんどん排出しなければなりません。
カップラーメンなど、塩分が多量に含まれている食品を
避けるのはもちろん、塩分を追い出す手助けをしてくれる
カリウムが含まれた食品を摂取すると効果的です。

カリウムが豊富に含まれている代表的な食品は野菜ジュースです。
野菜ジュースにはふんだんにカリウムが含まれており、
1日200~300ml飲めば、
体内の塩分を追い出してくれると言われています。

また、カリウムには血管を拡張して
直接的に血圧を下げる作用もある為、
高血圧の方は進んで飲むようにしましょう。

昆布といった海藻類、果物であればバナナなどにも
カリウムは豊富に含まれていますが、
野菜ジュースであれば、野菜嫌いな方でも
飲みやすいのでオススメです。

まとめ

高血圧を改善するには、
食事量を一気に減らすのではなく、
食べる順番や内容を改めてみる事が大きなポイントです。

もちろん、食事量を減らすとダイエットには効果的ですが、
リバウンドのリスクを考えると、
食べる順番や内容を変えていく方が健全です。

特に、野菜ジュースダイエットは
毎日の生活に野菜ジュースを取り入れるだけなので、
簡単に始める事ができます。

その際は、なるべく常温で、
新陳代謝が活発な朝や昼に取り入れてみてくださいね。

スポンサーリンク