結婚式で大活躍のボレロ!お呼ばれスタイルのマナーは?

スポンサーリンク


春や秋など結婚式シーズン。

20代の皆さんは周りでも
結婚ブームが始まっているかもしれません。

結婚式は親しい友人の晴れ舞台。
華やかな姿や幸せそうな笑顔を見るとこちらまで
幸せをおすそ分けしてもらった気分になりますよね。

10代のころはまだまだ周りで結婚する人も少なく、
結婚式にお呼ばれすることも少なかったと思います。

更に、10代など小・中・高の学生時代に
もし結婚式にお呼ばれしたとしても、
制服がある学校に通っているのであれば
制服で行くのがマナーでした。

しかし、20代の今、
初めて結婚式にお呼ばれされることになった時、
「何を着ていけばいいの?!」と
迷ったり悩んだりする方もいらっしゃるかもしれません。

しかも、「きっとフォーマルで
お洒落な格好をしなければならない」と
いうことは分かっていても、
結婚式が行われる季節もバラバラ‥屋外は寒かったり、
屋内は暖かかったりと大変そう‥と
思われている方もいらっしゃることでしょう。

そこで、今回は結婚式のお呼ばれスタイルについてと、
結婚式には必需品と言っても過言ではない
「ボレロ」についてご紹介したいと思います。

 

1. お呼ばれスタイルでのマナーとは?
2. お呼ばれも可愛く♪ボレロのすすめ
3. まとめ

 

3f2f227872a1ba85e40dca53610f27e4_s

お呼ばれスタイルでのマナーとは?

結婚式にお呼ばれになった際、
服装や髪形などのスタイルでも「マナー」と
いうものがあります。

友達の結婚式というとそんなに堅苦しいもの‥?
と考えがちかもしれませんが、
やはり公式な式典であるのに変わりはありませんので、
きちんとマナーを守るということが大切です。

服装について

基本的に新郎新婦が主役の結婚式なので、
新婦以上に目立ってはいけないというのが前提です。

色については白系のドレスは絶対にNG!!
何故なら、結婚式の主役である新婦のドレスは白で、
それとかぶってしまうからです。

白は新婦の特権!写真を撮った際に
ドレスの色がかぶってしまってはいけないので、
クリーム色や薄ピンク色など
白っぽいドレスも避けた方が良いでしょう。

それから、ファー素材はドレスに置いても
小物に置いても基本的にはふさわしくありません。

何故なら動物の「殺生」をイメージさせる素材だからです。
それ以外にも披露宴は食事の席ですので、
ファーだとホコリや繊維がふわふわと
食事の中に入り込んでしまう恐れもありますよね。

最近はファーボレロなんかでファーを
身につけている方もいらっしゃいますが、
本当はあまり良くないので気を付けてくださいね。

その他、派手すぎだったり、
露出が多かったり体の線がくっきり出るようなものだったりは、
新婦より目立ってしまう可能性がありますので避けた方が無難です。

髪型について

基本はアップスタイル。
その方がきちんと整っている感じが出ます。

しかし、最近ではダウンスタイルの方も多いようです。
NG!というわけではないのですが、
髪型や整え方によってはきちんとしていないように
見える場合もありますので、
なるべくアップスタイルを意識しましょう。

アップスタイルといっても髪型は様々。
すべての髪の毛を上げるものもありますが、
ハーフアップなどもきちんとして見えますのでお勧めです。

最近では結婚式にお呼ばれの際も
事前に美容室を予約して美容室で
セットをしてもらう方も増えておりますが、
そちらの方が確かに無難ですので、美容室でのセットもお勧めします。

その他の小物

靴ですが、なるべく3センチ以上の
細めヒールのものを選ぶと良いでしょう。

ペタンコのヒールやスニーカーなんかは
フォーマルな場ではNGです。

それから、靴や鞄や上着等
すべてに当てはまりますが、
動物系の皮素材のものはファー素材と同じように
動物の殺生をイメージさせるものがありますのでNGです。

ファー以外にはヘビ柄やヒョウ柄なんかです。
何の気なくに使ってしまいがちですがNGですので気を付けましょう。

このように結婚式の服装には
マナーもありますので十分に注意しましょう。

それではここから、
結婚式のお呼ばれスタイルにもってこいのボレロのご紹介をします♪

成人式の二次会や同窓会、気になる服装は?

お呼ばれも可愛く♪ボレロのすすめ

やはり、結婚式のお呼ばれスタイルに
ボレロはかかせません。これが可愛くおっても便利なんです♪

結婚式は季節を問わず行われますし、
屋外・屋内や天候・気温によって服装を悩みがちです。

ドレスも袖なしのものが多くありますが、
肩を出してはあまりよくないなら‥?
そういった面から「羽織もの」が必需品です。

そこで大活躍するのがボレロ。
ボレロというのは短めの丈で前にボタンが
ついていないものが基本の形です。

最近では他にも出ているようです。
いわゆる「袖だけ」のようなデザインです。

形や色や素材も様々ですので、
ドレスに合ったボレロを選べると良いですよね。

ボレロにも長袖のものから半袖のものがありますので、
冬などの結婚式では長袖や七分丈ほどのボレロが活躍するでしょう。

挙式後に外に出る結婚式もあると思いますので‥。
また、基本的にはドレスは黒や暗めの色味の方が
最近の結婚式では多いようですので、
ボレロは明るめ(クリーム色など)だと
色の違いが出てメリハリがつくでしょう。

逆に明るめのドレスであれば
暗めのボレロが良いと思います。

何といってもほとんどのドレスにボレロが一枚あれば
印象が変わる上にどんなものにでも合わせやすいので
使いやすいというところがオススメなんです!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

お呼ばれの結婚式でも可愛くいきたい♪
そんな女性にとってボレロは
女性らしさとかわいらしさを兼ね備えてますので、
服装にお悩みの方には是非お勧めします♪

スポンサーリンク