髪質トラブル急増!女性ホルモンとの関係とは?

スポンサーリンク


以前に比べて、自分の髪質が変わって気がしませんか?

まずはチェックしてみてください!

□ 分け目が目立つようになってきた
□ 全体的に髪の毛が補足なった気がする
□ 髪の毛の量はあるけれど、まとまりづらくなった
□ はりがなくなった
□ こしが、なくなった
□ ヘアスタイルが決まらなくなった

当てはまる項目は、ありましたか?
今回は、髪の毛について
まとめてみました。

 

1. 髪の毛のトラブル、女性ホルモンと関係があるの?
2. 正しいシャンプーの法則とは?
3. 気を付けたい生活週間
4. まとめ

 

 

髪の毛のトラブル、女性ホルモンと関係があるの?

 

女性ホルモンは、髪の毛にハリやコシを
与えるといわれています。

しかしながら、30代前半から女性ホルモンの
分泌量は低下していくといわれています。

その影響で、髪の毛につやがなくなったり、
毛が細くなるなどの髪質の変化が起こってきます。

そういった、不調が本格的に現われるのは、
通常は、30代後半以降です。

アラサー世代で髪質が変わったと感じているのであれば、
非常に、まずい状態です。

婦人科系の病気が心配なサインなので、
生理不順や無月経がないのか、
改めて月経周期などを見直してみることが先決です。

 

c070d165f10d062e352c70e3b7b5a861_s

 

そして、若いひとで最も気を付けることとして、

抜け毛

過度なストレスなどによって、
ホルモンバランスが乱れると、
抜け毛が増えてしまいます。

生活習慣を見直すなど、
体の根本から改善していくことが必要となります。

ちなみに、産後は女性ホルモンが激減して抜け毛が
増える時期でもあります。

通常、、産後1年~1年半で
回復するので心配することはありません。

髪の不調って女性ホルモンの乱れと思いがちですが、
意外とそうではないこともあります。

抜け毛が、とんでもない量に驚いたことはありませんか?

これは、バランスが乱れている証拠です。

一日に、80本から100本程度の抜け毛なら正常だといわれています。
しかし、ブラッシングやシャンプーの時に
ごそっと抜けるようになったなどの変化には注意が必要です。

無理なダイエットなどで女性ホルモンの
バランスが乱れている可能性もあります。

10円ハゲが、できてしまった

アレルギーが円形脱毛症を誘発!

強いストレスがかかっても、
アレルギーを持っている人でないと、
円形脱毛症にはなりません。

アレルギーは免疫が低下したときに悪化するのですが、
同じように、円形脱毛症も疲れやストレスがたまった時に
できやすくなってしまいます。

髪の毛が、うねるようになった。

女性ホルモン量が低下したため。

女性ホルモンの分泌がピークを過ぎると、
髪にうねりが出るようになります。

この不調が現れるのが、通常であれば
30代後半以降といわれています。

ほかにも、髪の毛が補足なる、
乾燥しやすくなるといたトラブルが表面化することがあります。

剛毛になった気がする

もともとの体質の現れです。

毛が細くなるなどの髪質の変化には女性ホルモンが関わってきますが、
剛毛になることはありません。

生活習慣は影響するなどもなく、
考えられるのは剛毛の素因を持っているということ、
それが現れたといわれています。

白髪が多くなってきた

ホルモンではなく加齢原因

白髪の原因は、加齢によって、色素細胞である
メラノサイトが産生できなくなることです。

髪の色が作れないため、
白髪になってしまうのです。

ストレス性の白髪もありますが、
女性ホルモンと、つなげて考えることではないようです。

白髪ケアをしたい人は
利尻カラーシャンプー

産後で悩んでいる人は
オーガニックシャンプーがおススメ!
ヘアケアセット

 

 

正しいシャンプーの法則とは?

 

シャンプーの選び方や
やり方ひとつで髪と頭皮環境というのは整ってきます。

毎日のことなので、
改めて正しい方法をマスターすることが
大切です。

 

1fd2a3154da0342480feb9e658f22da6_s

 

※シャンプーは髪の毛に直につけるのではなく
手のひらで、しっかりとよく泡立てる

※シャンプーは髪質ではなく頭皮の状態にあわせて選ぶ

※シャンプー後は、すぐにドライヤーで乾かす

※髪の毛は寝る前に洗って、朝は濡らす程度にする

※襟足などの細かいところまで洗い残しのないように、
しっかりと、すすぐこと

 

気を付けたい生活習慣

 

毎日、何気なくしていることが、
実は髪の毛にとってトラブルの原因に
なっていることもあります。

もし、思い当たることがあれば、
今のうちに改善をしましょう。

★ストレス

大きなストレスがかかってしまうことで、
抜け毛や白髪といった
髪の毛のトラブルを引き起こしてしまいます。

心身ともに適度にリフレッシュをしましょう。

★ タバコ

喫煙は、頭皮の血液が悪くなってしまうため、
薄毛や髪のぱさつき、
うねりの原因などになってしまいます。

血液の悪さは、髪の毛のトラブルを
複合的に引き起こしてしまいます。

★ 痩せている、または逆に太っている

体脂肪率が低すぎたりすると、
女性ホルモンの分泌も下がったりします。

逆に高すぎるとバランスが悪いサインかも
しれません。
アラサーなら、18~30%が許容範囲です。

★ 睡眠

睡眠で毎日の疲れはリセットされなければ、
免疫力も抵抗力も落ちてしまうので
マイナスになってしまいます。

抜け毛に影響してしまいます。
24時前の就寝を目指しましょう。

★ 髪型

ギュっとひっつめた、お団子ヘアなど
長時間、髪の毛をきつく縛り続けてしまうと、
頭皮に負担がかかってしまうため、
抜け毛の原因になってしまいます。

毎日、同じ髪型は
できるだけ控えるようにしましょう。

★ 過度の飲酒

お酒を大量に飲むと髪の栄養が
足りなくなってしまうため、
うねるようになってしまいます。

髪質の変化は通常であれば、
30代後半行こうといわれていますが、
大酒の身は、うねるのが早いといわれています。

 

まとめ

いかがでしたか?

女性にとっては髪の毛は非常に大切ですよね。
キレイな髪の毛は、いい印象を持たせたりもするし
憧れの的にもなります。

日頃のケアが大事になるので、
まずは生活習慣やシャンプーの仕方などを
見直していきましょう。

スポンサーリンク