海外旅行予定の方は必見!機内持ち込み可能な液体は?サイズは?

スポンサーリンク


旅行で国際線を利用する時、
気になるのが機内に持ち込める荷物ですよね。

液体は可能なのか、
どういったサイズの荷物なら可能なのか、
それを知っておかないと、

「これも持ち込めると思っていたのに!」
と予定外の旅行になってしまいます。

最初から最後まで気持ち良く旅行する為にも、
機内持ち込み可能な荷物を知っておきましょう。

1. 液体を機内に持ち込むのは難しい?!持ち込み方は?
2. 出国手続き後に購入した液体なら持ち込みOK
3. 国際線の機内持ち込みサイズは?航空会社によって違う?
4. まとめ

 



 

液体を機内に持ち込むのは難しい?!持ち込み方は?

実は、液体は100mlを超える容器に入ったものは、
全て手荷物としての機内持ち込みはNGです。

ですので、「機内で飲もうと思っていたのに」と
市販のペットボトルのドリンク類を持ち込んでしまうのも絶対にダメです。

スーツケースに入れてチェックインカウンターで
荷物を預けた場合なら100mlを超える液体もOKなので、
化粧水といったコスメ類も海外旅行に持っていく事ができます。

どうしても手荷物として持ち込みたい液体がある場合は、
100ml以下の容器に入れ、容量1l以下の
ジッパー付き透明プラスチック製袋に入れます。

この2点のうちどちらかが欠けていても
持ち込み不可となってしまうので気をつけてください。

ジッパー付きの透明プラスチック製袋は
100円均一などでも取り扱われていますが、
購入の際、マチがないタイプのものを選びましょう。
マチがあるタイプは、1lの容量を超えてしまいます。

また、明らかに液体と分かるもの以外にも、
食品も要注意です。

例えば、漬物やフルーツの瓶詰、
みそ、ヨーグルト、ゼリーといった食品も液体に分類されます。

機内で漬物などを食べようとする方は少ないと思いますが、
ヘアクリームや歯磨き粉を誤って持ち込む方は割と多いです。

ヘアクリームや歯磨き粉、シャンプー類もすべて液体となる為、
「エチケットだから」とって歯磨き粉などを
持ち込もうとしている方は見直しが必要です。

出国手続き後に購入した液体なら持ち込みOK

機内にほとんど液体が持ち込めないとすると、
「目的地に着くまで自分の好きなドリンクさえ飲めないの?」
と心配になってしまいますよね。

その場合、出国手続き後のクリーンエリアで
購入した液体なら持ち込みが可能です。

空港では、飛行機に乗り込む前に「保安検査」を行っており、
ここで液体などの持ち込みに対しチェックされます。

このチェック後は、クリーンエリアで
飛行機の搭乗を待ちますが、
クリーンエリア内の免税店などで買い物をする事が可能です。

「保安検査」を受けた方しかいない
クリーンエリア内の免税店などは、
全て「安全」だとされ、機内と同じ扱いを受けます。

その為、免税店で購入した液体は機内持ち込み可能です。
飲み物などは、このクリーンエリアで購入するようにしましょう。

スムーズな「保安検査」には、
持ち込める液体やサイズ感を把握しておく事も大事です。

電子機器は電源を落としておくなど、
快適な空の旅には自分自身の意識も重要です。

国際線の機内持ち込みサイズは?航空会社によって違う?

飛行機を乗る際は、液体以外にもサイズが決められています。
一部では、航空会社やスタッフによっても大きさが違ってくるという話もあり、
確固たるサイズ感が分かりづらいという点があります。

国際線エコノミークラスの規定のサイズは、
高さ55㎝、幅40㎝、奥行25㎝、
この3辺の合計115㎝以内が義務づけられています。

重さは航空会社によって違い、ANAとJALは10㎏まで、
海外の航空会社ではもっと軽くなくてはいけなかったり、
10㎏より重くても大丈夫だったりと様々です。

ファーストクラスはエコノミークラスよりも優遇されており、
いつかはファーストクラスでのんびりと海外旅行…
といった夢も素敵ですよね。

高さ55㎝、幅40㎝、奥行25㎝、
この3辺の合計115㎝以内の荷物と共に、
身の回り品と呼ばれる手荷物も持ち込みが可能です。

例えば、女性のハンドバッグや出張用のノートパソコンなどです。
とはいえ、あまりもあれこれと持ち込み過ぎるのは、
同席の方や他の乗客の方の邪魔になってしまいます。

海外旅行だと盗難の可能性も恐ろしいですが、
思い切って貴重品以外の荷物は預けてしまい、
機内は身軽に過ごすというのも一つの手ですよ。

機内にたくさんの荷物を持ち込むと、
何かの衝撃で荷物が頭の上から落ちてきて
負傷してしまう可能性もゼロではありません。

また、荷物の中身が散乱し、
他の乗客の方とトラブルになってしまうといった事も珍しくありません。

通路や非常口に飛び散り、
緊急時に脱出できないといったような事は避けましょう。

安全面においても、荷物の持ち込み過ぎは危険です。
ある程度は航空会社を信頼して、
荷物を預けてしまうのも気持ちの良い旅には必要不可欠です。

まとめ

海外旅行する際は、
必ず自分の荷物のサイズ感や持ち込もうとする液体を
把握しておきましょう。

スムーズに「保安検査」をクリアする為にも、
旅行の準備は完璧な状態にしておきたいですよね。

スポンサーリンク