花粉症でのつらい症状めまい。起こる原因と改善・防止方法は?

スポンサーリンク


この花粉が舞い始めたつらい時期、
花粉症でお悩みの方にとっては
大敵な時期にもなります。

花粉症はアレルギー症状の一種。

そのため風邪とは違って数日で治るということはほぼなく、
アレルギーである花粉が
舞い続けるシーズンが終わるまでは
花粉症の方はずっと花粉による症状で
悩まされることになるでしょう。

花粉症の症状といえば、
くしゃみ・鼻水なんかが定番ですが、
実はその他にも様々な症状を
引き起こす可能性があるとされています。

たとえば目のかゆみや喉の傷み・痒み、
更には咳が出たり、耳が聞こえにくくなったり、
熱が出るというパターンもあるようです。

それらは全て花粉のアレルギーによるものです。
頭痛や吐き気など花粉症とは
関係がないような症状が起こる場合もあり、
これは、花粉症によるなんらかの症状が
引き起こした別の症状だとも考えられます。

頭痛や吐き気の他にもめまいや肩こりなど、
花粉症によって引き起こされる症状は
様々なものがあります。

ただでさえくしゃみや鼻水などで
つらい花粉症である上にこんな、
頭痛や吐き気やめまいなんかを起こされてしまっては、
風邪症状が長く続くような感覚に陥り、
とてもつらいものですよね。

そんな花粉症によって引き起こされる、
頭痛や吐き気、めまいが起こる原因と
その改善方法について今回は考えていきたいと思います。

1. 頭痛や吐き気、めまいなどの症状が起こる原因とは?
2. 頭痛や吐き気、めまいなどの症状を改善・防止する方法
3. まとめ

 



 

頭痛や吐き気、めまいなどの症状が起こる原因とは?

花粉症の症状といえばやはり前述のように
くしゃみ・鼻水ということが多いと思います。

これは、アレルギーの花粉がふわふわと舞うことで
目に見えないほどの大きさの花粉が鼻の粘膜に接触することで
アレルギー反応を起こすことから起こる症状ですよね。

異物が混入したと察知した脳は、
鼻から少しでも早くその異物を出そうとし、
それによってくしゃみや鼻水で流そうとさせることから
そういった症状が出ると考えられます。

しかし、花粉症の時期常に舞っている花粉ですので
一度のくしゃみ鼻水で花粉を出しきるということはほぼ不可能。

そうなると何度もくしゃみ鼻水を繰り返し、
アレルギーである花粉を常に外に追いやろうとします。

これが花粉症の症状として
つらいくしゃみや鼻水につながるとういわけですね。

それではそんな症状の他に頭痛や吐き気、
めまいが起こる原因とは一体何なのか‥?

これは花粉症の症状である鼻水が
出過ぎたりすることによって起こる
「鼻づまり」から由来しているのだそうです。

鼻づまりになると鼻から息を吸うといった行為が
困難になりますよね。

口呼吸がメインとなってしまい、
そうなると酸素がうまく鼻から脳に
運ばれなくなってしまうために、
酸素不足になってしまうのです。

脳(頭)に酸素がいかなくなってしまうことにより、
脳が酸素不足になって頭痛を引き起こすと言われています。

また、めまいを引き起こす原因は
平衡感覚を保っている耳の中にあると言われています。

耳の中の平衡感覚を保つ機能が軽減、
あるいは停止することによって
めまいが起こるとされています。

これは車酔いなんかもその一種。
鼻づまりや、鼻のかみすぎなどによって
耳の中が刺激されてしまい、
それによって平衡感覚がうまく保てなくなることによって
めまいを引き起こすとされているのです。

これらの頭痛や吐き気、めまいなど
花粉症には通常言われない症状が出てしまう原因は
全て鼻づまりからきているものだったということが分かりました。

それでは次にそうならないための
改善・防止方法を見ていきましょう。

頭痛や吐き気、めまいなどの症状を改善・防止する方法

これらの症状が起こることは前述のとおり、
花粉症による鼻水・鼻づまり等による症状からきているもの。

ということは鼻づまりにならないようにするということが
防止策と言えるでしょう。

と言ってもやはり花粉症というもの、
鼻づまりだってなりたくてなっているものでもありませんね。
ここで防止や改善する方法をいくつかご紹介いたします。

鼻うがいをする

「鼻」うがい?!と驚く方も
いらっしゃるかもしれませんが、
かなり効果的です。

これは鼻の粘膜に付着してしまった花粉を
根本から撃退してくれますので、
かなりの高確率で鼻づまりにもなりにくく
すぐに改善されるでしょう。

ただし、鼻から水を吸い込み、口から出す、といった方法なので、
慣れていない方にとっては、
少々難しく苦痛に感じるかもしれません。

ですが効果は絶大ですので、
ゆっくりと練習してみてはいかがでしょうか。

鼻を蒸しタオルなどで温める

根本的に花粉症を治すというものではありませんか、
一時的に鼻づまりを和らげてくれる効果があります。

蒸しタオルはすぐに作って試すことができますので、
簡単な方法かもしれません。

またそうすることによってリラックス効果もありますので、
頭痛やめまいに悩まされる方にとっては
良い方法とも言えるでしょう。

花粉症用飲み薬

これが一般的に花粉症を予防・改善してくれるといわれるもの。

ただ、注意したいのが花粉症の治療薬は
非常に副作用が強いものがほとんどです。

眠気やだるさを体に残してしまう場合もあります。
また薬によるめまいの副作用もあるのだとか。

用法容量をきっちりと守って
「薬に頼りすぎない」方が良いのかもしれませんので、
最後の砦としてとっておいた方が良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この時期には大敵の花粉症ですが、
花粉症以外のつらい症状を引き起こしてしまう前に
まずは手洗いうがいの徹底やマスクの装着など
自分で簡単にできる予防対策から
行ってみると良いかもしれませんね。

スポンサーリンク