覚えておこう!雛人形の正しい飾り方と処分方法

スポンサーリンク


3月3日にはひな祭りがありますね。

ひな祭りというと
桃の節句とも呼ばれるよう、
女の子の健やかな成長を祈る日でもあります。

近年ではクリスマスやハロウィン、
バレンタインデーなどの外国的な行事の存在が大きく、
だんだんと日本の伝統行事が薄まりつつありますが、
ひな祭りは特に女の子がいるご家庭では
必ず行っておきたい行事だと思います。

皆さんはひな祭りというと
具体的にどのようなことを思い浮かべますか?

たとえば、ひな祭りに
食べるちらし寿しやひなあられや、
ひな祭りケーキなど食べ物の事。

それから、ひな祭りの定番でもある
「ひなまつり」の歌。

「灯りを付けましょ、ぼんぼりに~」の
合言葉でも有名ですよね。

ひな祭りといっても様々なことを思い浮かべるでしょう。
しかし、やはり一番は雛人形なのではないでしょうか。

ひなまつりの歌も雛人形を飾るひな壇を見つめながら
「お内裏様とお雛様」「三人官女」「五人囃子」
なんかの言葉が出てきます。

ひな壇に飾る雛人形が主役の歌でもありますよね。
私もひな祭りと聞くと最初に浮かぶのは雛人形です。

みなさんのお家ではひな祭りが近くなると
雛人形を飾っていますか?

雛人形を飾る意味知っていますか?
今回はそんな雛人形の正しい飾り方と、
正しい処分方法についてお話したいと思います。

1. 雛人形の由来
2. 雛人形の正しい飾り方
3. 雛人形の処分について
4. まとめ

 

f5153b807d07c86722de6fc7fba0d815_s

雛人形の由来

ひな祭りの名前にもつく「ひな」という言葉。

これは昔の貴族階級の女の子の
おままごと遊びが「ひいな遊び」と
呼ばれていたということもあり、
そこから名づいたのだと思われています。

昔のひな祭りの風習では紙や藁などで
出来た人形で体を撫でて川に流す、
「流し雛」というものでした。

この行いは、その者の体につく
邪気や災いなんかを人形にうつし、
川に流すことで1年間健康に幸せに過ごせるよう
祈りを込めて行われていました。

そこからだんだんと流し雛に使われる人形が
精巧なものへと進化していき、
紙や藁ではなくしっかりとした人形の姿へと
変化していったことにより、
川に流すのではなく、家に飾るもの、
として風習が変化していったようです。

そして、雛人形を飾るひな祭りの日を女の子のための日、
こいのぼりや兜を飾る子供の日を
男の子のための日として定められたようです。

なぜ雛人形を飾るのかというと、
流し雛からきていることもあって、
その女の子の身に起きるかもしれない災いなどの
身代わりになってくれる存在といわれていました。

そのため昔は女の子が外出したり
旅行したりする際にも事故や災害に巻き込まれないよう
身代わりになってもらえるように
雛人形を持ち歩いていたのだそう。

それを「飾る」ということがメインになるにつれて、
女の子が大人になっても
幸せな夫婦・家庭で暮らせるよう願いを込めて、
男女である「お内裏様とお雛様」のセットで
雛人形を飾るようになったようです。

雛人形の正しい飾り方

雛人形はひな祭りである3月3日に向けて飾ります。

飾るタイミングとしては、
節分が終わった立春の日からひな祭りがある
1週間前までには出来るだけ飾っておくようにしましょう。

飾るタイミングとしてふさわしいとされているのが
節分の日や立春の日、
または大安の日だそうです。

節分や立春は季節の境目ということもあって、
季節の変わり目に新しい気持ちで
雛人形を飾るのが良いとされています。

また大安の日というのは何をするのにでも
縁起の良い日といわれています。

よく結婚や転居などは大安の日を選ぶと
良いとも聞きますよね。

雛人形も同様に大安の日に
飾り付けをするのが良いでしょう。

それ以外にはカラッと晴れた天気の良い日や、
家族そろって飾り付けができる日などの
日を選ぶと良いでしょう。

飾り付ける場所については地域によって
様々ないわれがあるようですが、
良く耳にするのは「北向きに飾ると縁起が良い」ということ。

ただし、直射日光が当たる場所や
高温多湿な場所だと人形が傷んでしまいますので
そういった場所は避けるようにしましょう。

家族の目につく飾りやすい場所に飾るのが良いでしょう。
片づけについては、
ひな祭りが終わればなるべく早めに片づけるようにしましょう。

よく雛人形を出しっぱなしにしていると
お嫁にいくのが遅れると聞きますよね。

実際に遅れるかどうか、
というのは正確ではありませんが、
厄を引き受けた雛人形がその厄を落としてしまうということや、
出しっぱなしにしていると片づけが出来ない子と
みなされることからそう言われているようです。

出しっぱなしにしておくと人形が
傷んでしまう原因にもなりかねますので、
なるべく早く片付けるようにしましょう。

雛人形の処分について

雛人形は小さい子どものうちは
毎年飾っていても子供が成長して大きくなってくると
飾らなくなるご家庭が増えます。

本来なら雛人形は花嫁道具として、
結婚しても嫁ぎ先に持っていき、
ひな祭りの時期に飾るのが理想ですが、
様々な事情もあって持っていけない、飾れない、
という場合もありますよね。

押入れに閉まったまま
何年も閉じ込めておくのもあまりよくありません。

そうなった場合には「処分する」と
いうことも考えた方が良いでしょう。

処分方法として一番理想なのは、
誰かに引き継ぐこと。

それが難しければ寄付することも考えましょう。
今まで自分の身を守ってくれた雛人形ですので、
処分しなくてはならなくなっても
少しでも誰かのためになる方法が良いと思いませんか?

また、雛人形をリサイクルしている
業者もあるようですので探してみても良いかもしれません。

実際、一般ごみや粗大ごみで処分することも可能ですが、
そういった処分方法は気が引けてしまいます。

どうしても処分しなければならないのであれば、
人形には「魂が宿る」とも言われていますので、
人形供養に出すことをお勧めします。

それでもやはり、
これまで自分の身を守ってくれた思い出ある雛人形。
処分よりも誰かの為になるような手放し方をしたいですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ひな祭りには定番の雛人形ですが、
飾るにも処分するにも正しい方法で行いたいものです。

ぜひ今後の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク