FX確定申告、損失した場合、どうなるのか?

スポンサーリンク


FXを始めたばかりの人にとっては、
確定申告をどのようにした方がいいのか
悩むと思います。

実際に私自身が、そうでした。
利益が出た分に関しては
もちろん、確定申告の書類に記載をして提出するわけですが、
損が出た分は、仕方がないと思って、
申告せずに、そのままにしていませんか?

それって、すっごくもったいないことです。
なぜなら、その年にFXで出た損失の分に関しては、
繰り越すことができるんです。

損失を考えると、自分にはFXで稼げる力がないんだ・・
もう二度と、手を出すまいと心に決める人が多いようで、
そんな確定申告をしたとしても、もう二度と手を出さない!

って思っているみたいですが、
私の周りの人ってやはり…と出戻ってくる人、
結構、多いです。

 

1. FXの税率とは?
2. 損失分は次年度に繰り越しすることが出来る
3. まとめ

 

 

FXの税率とは?

確定申告とは、
個人の1年間(1月1日から12月31日まで)の所得(利益)に
かかわってくる所得税額を申告する手続きです。

所得税額は以下のように計算されます。

● 給与所得がある人で、FXの取引が年間で20万円を超える方
例えば給与所得が300万円でFXの利益が30万円の人は
確定申告が必要となります。

● 給与所得がない人の場合でも、FXの取引の所得が所得控除を超える方
年間のFXの取引の利益が40万円で
所得控除、38万円(人によって違う場合もあるので必ず自分の区の税務署に聞いてください)

この場合もFXの利益が所得控除を超えているため
確定申告が必要となってきます。

FXの取引損益に対して税率は、

20.315%

となっています。

所得税15%+住民税5%+復興特別所得税0.315%(15%×2.1%)
の計算式になっています。

余談ですが…

実際に、どうでしょうか?
この税率って高いと思いますか…
それとも、安いと思いますか?

すっごく稼いでいる人にとっては、数年前に比べると楽になりましたよね。
以前は、利益に対して税率が決まっていましたが、
稼げば稼ぐほど、持っていかれていました。
多い人は、半分は税金で持っていかれていたのでは
ないでしょうか?

今となっては、いくら稼ごうとも、
この一定の税率なので非常にありがたいです。

 

損失分は次年度に繰り越しすることが出来る

損失分に関しては、次年度に繰り越すことができます。

この「損失」につていは、
最大で3年間、損失の繰越控除をすることができます。
ただし、注意したいのは、損失の繰越控除の適用を受けるためには、
損失を出した年でも継続して確定申告を行っていただくことが必要となっています。

98b4d6d3e32844cd35d1394edd7463a6_s

もう、FXはしない!と心に決めた人であっても、
何かの拍子に再開し、稼いだとしたのであれば、
この申告をしていないと繰り越しが
適用できないということになります。

また、そのとしに取引をまったくしなかった人でも、
この申告をしていないと適用にはならないので、
必ず確定申告をする必要がありますので注意してください!

● 損失が出た年
-100万円

1年目 利益が20万円出た場合は、
(-100万円)-20万円=-80万円
税金は、0円

2年目 利益が50万円
(-80万円)-50万円=-30万円
税金は、0円

3年目 利益が10万円
(-30万円)-10万円=-20万円
税率は、0円

4年目には繰り越すことができません!!

出来ることであれば、
3年以内になんとか元金を取り戻したいものですよね。

だからといって、経験からいうと
焦ると決していい結果は出ないので、
無暗に手を出すのだけは避けましょう!

 

まとめ

この損失の確定申告に関しては、
結構、知らない人が多いです。

稼いでいるときに税金を支払って、
損失が出た場合には、そのままって、
知らないと結構、大きいですよね。

税金は、しっかりと把握して把握しておくことが
大事です。

FXの税金については、
こちらの記事も併せて読んでおくと
知識として参考になると思います。

FX確定申告しなくて追徴課税は突然やってきた!

追徴課税の後は住民税に国民健康保険の支払い

スポンサーリンク