一度きりじゃない!袴のたたみ方を覚えて綺麗に保管しよう

スポンサーリンク


あと1か月で年が明けて新年を迎えます。

新年を迎えた一週間後には
新成人の皆さんには大きなイベントである、
「成人式」がありますよね。

来年2017年の成人の日に成人式を迎えられる
新成人の皆さんなら、
もうこの時期からすでに準備を進めている、
もしくはほぼ準備が出来ている
状態なのではないでしょうか。

女性の方で成人式といえば
振袖を着るのが定番です。

一生に一度の成人式という晴れ舞台ですので、
自分に似合う華やかな振袖を
既に選ばれている方も多いことでしょう。

最近では振袖をレンタルされる方が多いようですが、
今後も用途がある方にとっては
思い切って購入を考えている方も
いらっしゃるのではないでしょうか。

大学・短大・専門学生の方なら卒業式、
その後も結婚式のお呼ばれなんかでも
振袖を着て出席する方もいらっしゃいますよね。

購入すればその後も正式な式典や
パーティーなんかに振袖を着て
行くことができそうです。

ですが、ここでポイントとなるのが前述した
「卒業式」での振袖。

学生の卒業式では大抵高校生の頃のように
制服があるわけではないところがほとんどですので、
袴での出席が多く見られます。

入学式は大抵スーツが多いのですが、
卒業式といえば袴ではありませんか?

振袖を購入した方であれば、
その振袖に合う袴も合わせて購入しておけば、
卒業式にもお気に入りの振袖で
出席することができますよね。

1. 袴を着るタイミングって?
2. 袴の正しいたたみ方
3. 袴の保管方法
4. まとめ

 

「一度きりじゃない!袴のたたみ方を覚えて綺麗に保管しよう」の続きを読む…