覚えておこう!雛人形の正しい飾り方と処分方法

スポンサーリンク


3月3日にはひな祭りがありますね。

ひな祭りというと
桃の節句とも呼ばれるよう、
女の子の健やかな成長を祈る日でもあります。

近年ではクリスマスやハロウィン、
バレンタインデーなどの外国的な行事の存在が大きく、
だんだんと日本の伝統行事が薄まりつつありますが、
ひな祭りは特に女の子がいるご家庭では
必ず行っておきたい行事だと思います。

皆さんはひな祭りというと
具体的にどのようなことを思い浮かべますか?

たとえば、ひな祭りに
食べるちらし寿しやひなあられや、
ひな祭りケーキなど食べ物の事。

それから、ひな祭りの定番でもある
「ひなまつり」の歌。

「灯りを付けましょ、ぼんぼりに~」の
合言葉でも有名ですよね。

ひな祭りといっても様々なことを思い浮かべるでしょう。
しかし、やはり一番は雛人形なのではないでしょうか。

ひなまつりの歌も雛人形を飾るひな壇を見つめながら
「お内裏様とお雛様」「三人官女」「五人囃子」
なんかの言葉が出てきます。

ひな壇に飾る雛人形が主役の歌でもありますよね。
私もひな祭りと聞くと最初に浮かぶのは雛人形です。

みなさんのお家ではひな祭りが近くなると
雛人形を飾っていますか?

雛人形を飾る意味知っていますか?
今回はそんな雛人形の正しい飾り方と、
正しい処分方法についてお話したいと思います。

1. 雛人形の由来
2. 雛人形の正しい飾り方
3. 雛人形の処分について
4. まとめ

 

「覚えておこう!雛人形の正しい飾り方と処分方法」の続きを読む…