手作り寄せ書きで感謝の気持ちを伝えよう。シーン別おすすめデザインは?

スポンサーリンク


お正月が過ぎると学生にとっては
3学期、1年で最後のシーズンとなります。

1月2月3月というものは、
「1月は行く」
「2月は逃げる」
「3月は去る」
と言われるように、
1年の中でも一番時の流れが早く感じます。

どうしてかというとやはり
このシーズンは「別れ」の時期でも
あるからのように思います。

学生にとって3月といえば「卒業式」
卒業を迎える年であれば
長年の学校生活の終わりをつげ、
これまでお世話になった先生や学校、
そして共に歩んだ同級生や後輩との別れでもあり、
それを名残惜しむ期間でもあります。

その名残惜しいときに限って
「もう少しこの時間が長く続けばいいのに」と
思えば思うほどに早く感じてしまうものです。

また会社勤めをされている社会人の方にとっても
3月が決算であり年度終わりとしている会社が多いため、
3月は何かと節目の月にもあたります。

それを機に退社入社のタイミングでもありますので、
3月というものは送別会が行われる会社も多いのではないでしょうか。

転職や寿退社、定年退職なんかの方も
この時期が多いかと思います。

そんな方にとっては学生の卒業式以上に
これまで長年頑張ってきた会社を去ると
いうことになるととてもいろんな思いが
よみがえってくることでしょう。

合わせて、それを送り出す在職者にとっても
その人がいたことによってできた仕事やその人に関する思い出は
とても大きな存在であり、これまでの感謝と
これからの意気込みを伝えたいところです。

そこで、今回はそんな卒業式は送別会なんかで、
在学生・在職者から去ってしまう卒業生や退職者に向けて
たくさんの思い出と感謝の気持ちを伝えるためにも
送って一番喜ばれる「手作り寄せ書き」について
ご紹介したいと思います。

1. 手作り寄せ書きについて
2. シーン別手作り寄せ書きデザインのすゝめ
3. まとめ

 

「手作り寄せ書きで感謝の気持ちを伝えよう。シーン別おすすめデザインは?」の続きを読む…