外反母趾の症状改善決め手は…?

スポンサーリンク


外反母趾とは、足の親指が外側に沿って、
付け根が突っ張った状態のことをいいます。

その出っ張った部分が靴にあたって、
腫れや痛みを起こしてしまします。

なったことがない人でも
想像するだけでいたいですよね。

そんな症状を自覚しつつも、
我慢をしている人が多いのではないでしょうか?

重症になると、靴を履かなくても、
地面に足が付いただけで激痛が走る。

早めのケアも大切ではありますが、
こと足の医療にかんしては、
残念なことに日本はまだまだ後進国といえます。

症状の改善には靴の調整が不可欠なのに、
そこをきちんと考えて実践している
お医者さんは本当に少ないようです。

症状が重くても、
ほとんどの場合には、手術は不要といわれています。

靴で筋肉のアンバランスをフローすれば、
きちんと歩けるようになります。

思い込みが多くて、
それが治療の妨げになることもあるようです。

進行を食い止めるためにも、
正しい知識をもっておくことも大切です。

1. 外反母趾は足全体の問題
2. 再発を予防するには?
3. 全身の健康にも悪影響?
4. 症状改善の決め手は「靴」
5. おしゃれな靴は健康の敵と心得ることも大事
6. 辛いときは医師の診察を受けましょう

 

「外反母趾の症状改善決め手は…?」の続きを読む…

病気