節分といえば豆まき!豆まきの正しい作法とは?

スポンサーリンク


お正月が終わっても
まだ厳しい寒さは続きます。

成人式に参加される新成人の方にとっても
成人の日はこれみよがしに
寒い日ということが多いです。

そんな厳しい寒さも立春を機に
少しずつ寒さがやわらぎ、
だんだんと春に向けて暖かくなると言われています。

そんな立春の前日は‥?
そう、「節分」です!

お正月が終わった次の行事ごととも
言えるこの節分ですが、
みなさん節分は「2月3日」であると思い込んでいませんか?

じつは、節分は日付が決まっているものではありません。
元々、節分は「季節を分ける」と書いて節分です。

つまり季節の分かれ目にあたる
「立春の前日が節分」にあたるというわけなのです。

それも実は2月のこの立春の日の前日だけでなく、
立夏・立秋・立冬などの
季節の分かれ目の前日にあたる日が節分ということになります。

その中でも特に1年の「春夏秋冬」の始まりである「春」、
立春の前の日が昔で言う大晦日にあたり、
その日が1年の境目として「節分」と
取り上げられていたようですね。

また合わせて、節分が
「日付が決まっているものではない」と
いうこともこのような意味です。

「立春」とは他の立夏や立秋、
また春分や秋分、夏至・冬至などで言われる
24節季にあたります。

24節季とは1年を24等分した季節のことですが、
1年は365日で24等分はできません。

そのため、その「春分」の日が
年によって少しずれるということが起こり、
節分はその「春分の前日」であるために、
日付が変わることがある、ということなんですね。

そんな節分ですが、やはり節分といえば「豆まき」!
そう思う方がほとんどでしょう。

今回はそんな節分での定番行事である豆まきについて、
正しい作法を皆さんにお伝えしたいと思います。

1. 節分に豆まきをする由来
2. 豆まきに使う豆の種類は?
3. 豆まきの作法について
4. まとめ

 

「節分といえば豆まき!豆まきの正しい作法とは?」の続きを読む…