卒業式の服装について♪年代別・女の子編

スポンサーリンク


ここ最近毎日、寒い日が続きますね。

冬の訪れをひしひしと感じる今日この頃です。
クリスマスが終わると大晦日で1年が終わります。

お正月には新年の幕開けを感じるとともに、
年度末である3月の近づきを感じ、
「旅立ち」のシーズンへと変わります。

特に学生の方にとっては3学期に入れば
卒業式へのカウントダウンということで、
在学生にとっては先輩との別れ、
卒業生にとっては後輩やお世話になった先生、
学び舎との別れと新しい生活への巣立ちの時期として、
残りわずかな時間を大切に過ごしたくなるものです。

また保護者の方にとっても大切な子どもの卒業となると、
幼稚園や保育園時代から
小学校、中学校、高校、大学とどんな時代でも
やはり感慨深く様々な思いにふけることでしょう。

卒業式というとこれまで過ごした
学校生活の集大成であり、
別れと新たな生活への第一歩である
境目になる行事です。

これまで頑張ってきたこと、
楽しかったこと、嬉しかったこと、つらかったことなどが、
卒業式でたくさん蘇ってくるのに加え
後になっても輝かしい思い出になることでしょう。

そんな学生生活に終わりを告げる
一つの節目となる卒業式、
最後の行事として思い出に残る
輝かしい式にしたいと思いますよね。

別れで悲しいという思いもありますが、
保護者にとっては我が子の成長と旅立ちを
感じられる晴れの舞台です。

そんな卒業式の準備として気になるのが服装。
学校によっては制服があるところもあれば、
ないところもあります。

制服がある学校なら、
制服で卒業式に出るのが当たり前ですが、
制服がない学校ではどのような
服装がふさわしいのでしょう。

特に女の子にとっては卒業式で着る服装は悩みがちです。
素晴らしい卒業式を迎えられるよう、
今のこの時期から準備しておくのも良いかもしれません。

今回はそんな方のために卒業式に
「ふさわしい」「おすすめしたい」
女の子の服装を年代別にご紹介したいと思います。

1. 幼稚園・保育園
2. 小学校
3. 中学校・高校
4. 大学
5. まとめ

 

「卒業式の服装について♪年代別・女の子編」の続きを読む…

覚えておこう!雛人形の正しい飾り方と処分方法

3月3日にはひな祭りがありますね。

ひな祭りというと
桃の節句とも呼ばれるよう、
女の子の健やかな成長を祈る日でもあります。

近年ではクリスマスやハロウィン、
バレンタインデーなどの外国的な行事の存在が大きく、
だんだんと日本の伝統行事が薄まりつつありますが、
ひな祭りは特に女の子がいるご家庭では
必ず行っておきたい行事だと思います。

皆さんはひな祭りというと
具体的にどのようなことを思い浮かべますか?

たとえば、ひな祭りに
食べるちらし寿しやひなあられや、
ひな祭りケーキなど食べ物の事。

それから、ひな祭りの定番でもある
「ひなまつり」の歌。

「灯りを付けましょ、ぼんぼりに~」の
合言葉でも有名ですよね。

ひな祭りといっても様々なことを思い浮かべるでしょう。
しかし、やはり一番は雛人形なのではないでしょうか。

ひなまつりの歌も雛人形を飾るひな壇を見つめながら
「お内裏様とお雛様」「三人官女」「五人囃子」
なんかの言葉が出てきます。

ひな壇に飾る雛人形が主役の歌でもありますよね。
私もひな祭りと聞くと最初に浮かぶのは雛人形です。

みなさんのお家ではひな祭りが近くなると
雛人形を飾っていますか?

雛人形を飾る意味知っていますか?
今回はそんな雛人形の正しい飾り方と、
正しい処分方法についてお話したいと思います。

1. 雛人形の由来
2. 雛人形の正しい飾り方
3. 雛人形の処分について
4. まとめ

 

「覚えておこう!雛人形の正しい飾り方と処分方法」の続きを読む…

手作り寄せ書きで感謝の気持ちを伝えよう。シーン別おすすめデザインは?

お正月が過ぎると学生にとっては
3学期、1年で最後のシーズンとなります。

1月2月3月というものは、
「1月は行く」
「2月は逃げる」
「3月は去る」
と言われるように、
1年の中でも一番時の流れが早く感じます。

どうしてかというとやはり
このシーズンは「別れ」の時期でも
あるからのように思います。

学生にとって3月といえば「卒業式」
卒業を迎える年であれば
長年の学校生活の終わりをつげ、
これまでお世話になった先生や学校、
そして共に歩んだ同級生や後輩との別れでもあり、
それを名残惜しむ期間でもあります。

その名残惜しいときに限って
「もう少しこの時間が長く続けばいいのに」と
思えば思うほどに早く感じてしまうものです。

また会社勤めをされている社会人の方にとっても
3月が決算であり年度終わりとしている会社が多いため、
3月は何かと節目の月にもあたります。

それを機に退社入社のタイミングでもありますので、
3月というものは送別会が行われる会社も多いのではないでしょうか。

転職や寿退社、定年退職なんかの方も
この時期が多いかと思います。

そんな方にとっては学生の卒業式以上に
これまで長年頑張ってきた会社を去ると
いうことになるととてもいろんな思いが
よみがえってくることでしょう。

合わせて、それを送り出す在職者にとっても
その人がいたことによってできた仕事やその人に関する思い出は
とても大きな存在であり、これまでの感謝と
これからの意気込みを伝えたいところです。

そこで、今回はそんな卒業式は送別会なんかで、
在学生・在職者から去ってしまう卒業生や退職者に向けて
たくさんの思い出と感謝の気持ちを伝えるためにも
送って一番喜ばれる「手作り寄せ書き」について
ご紹介したいと思います。

1. 手作り寄せ書きについて
2. シーン別手作り寄せ書きデザインのすゝめ
3. まとめ

 

「手作り寄せ書きで感謝の気持ちを伝えよう。シーン別おすすめデザインは?」の続きを読む…