ロタウイルスの予防接種、必要性はあるの?

スポンサーリンク


お子様がいる方にとって、生まれてから
生後何歳・何か月までに受けるとされている予防接種。

種類は様々なものがあります。
特にBCGやB型肝炎などは有名ですね。

また、小学校に入ってからも学校内で
予防接種を毎年行われている場所もあります。

世界には数え切れないほどの
病原菌が現時点でも多数発見されており、
それらの病原菌すべてを予防するというのは
ほぼ無理に等しいともいえるでしょう。

しかし、その中でもうつりやすいものや、
うつってしまうと簡単には治らないもの、
命の危険性があるものは、
予防接種を受けることを推奨されています。

地域によっては指定されている予防接種の種類もばらばらなのですが、
ほとんどの方は産後から
「予防接種スケジュール」として
お子様から病原菌を予防するための
予防接種を定期的に受けるためにスケジュール設定されているでしょう。

また定期的に受けるとされている予防接種は年齢や時期、
期間などが決まっており、
それ以外で行ってしまうと効果が得られないものもありますので、
事前に調べて設定しておくのが良いとされています。

そんな中、定期予防接種として
予防接種をすることを推奨されているもの以外で、
「必ず受けなければならない」
とは言われていない任意の予防接種もたくさんあります。

それらの病気は、病原菌にかかる恐れが少ないことや、
症状が弱いものなどもありますが、
それも一概には言えません。

そこで、今回はそんな任意の予防接種とされているが
心配な子供の病原菌「ロタウイルス」についてまとめてみます。

1. ロタウイルスとは?
2. 予防接種の必要性は?
3. まとめ

 

「ロタウイルスの予防接種、必要性はあるの?」の続きを読む…