インフルエンザの潜伏期間、出席停止期間を知ろう!

スポンサーリンク


冬の時期、北風が吹く寒さが始まります。
気温の変化や湿度の変化で風邪をひいたり、
また花粉症の方は
花粉が舞ってつらい時期でもありますね。

乾燥した空気によって
一番心配されるのが毎年大流行してしまう

インフルエンザ

ほぼ、人生で1度はかかったことがある
という方が多いのではないでしょうか。

インフルエンザは空気中を浮遊するウイルスなんかで
簡単に感染してしまうほどの力をもっているため、
この時期になるとインフルエンザ感染者は急激に増えだします。

その理由もあって、
身近の人がどこかへ行ってインフルエンザに
感染してしまえばそのウイルスを持って帰ってきてしまうため、
そこから一気に感染が広がってしまうことも。

湿度が乾燥するこの時期は
特にウイルスが大好きな状態ですので、
この時期に増えてしまうということがよくわかりますね。

インフルエンザは一度なると免疫がついて
今後はなることがないという病気ではありません。

また一生治らないという病気でもないですし、
症状もほぼ風邪と同じです。

ですが、怖いのが普通の風邪よりもきついということ。
インフルエンザの一般的に言われる症状は、高熱や咳などです。

しかし高熱は大人であっても
38度~40度というかなりの高熱のため、
高熱によって悪寒がしたり、
頭痛がしたり、全身の節々の痛みなどの症状が現れます。

腹痛や吐き気がないものの、
これほどの高熱のため食欲不振にも陥ることがあり、
全身が重たく起き上がるのもつらい、
というようなことにもなってしまいます。

また、一生治らないということはないと申しましたが、
ウイルスによって高熱が出るため、
そのウイルスが体の中でどこかに転移してしまうと
合併症を引き起こす可能性もあります。

このようにインフルエンザは風邪よりも
怖い感染症ですのでこの時期は気を付けるべきでしょう。
そんなインフルエンザにならないためにも
知識を付けておく必要があります。

1. インフルエンザの潜伏期間は?
2. インフルエンザにかからないために
3. まとめ

 

「インフルエンザの潜伏期間、出席停止期間を知ろう!」の続きを読む…

病気