今が旬♪大根を使ったレシピと保存方法

スポンサーリンク


この寒さがだんだんと強まる時期、
もう季節は冬です。

冬が旬のお野菜といえば‥?そう、大根!

大根は正に冬が旬なのです。
そろそろスーパーでも夏はあまり見なかった大根が
良く並んでるのを見かけるようになるのではないでしょうか。

大根は使い勝手もよく、
また健康面にもかかせません。

特に「免疫力を高める野菜」としても有名です。

この寒い時期、風邪をひいたり、
インフルエンザにかかったり、
という方も増えていることでしょう。

しかし、大根にはそんな風邪を予防する効果がある
と言われています。

消化不良や胃酸過多にも良く効き、
咳や頭痛、発熱などにも効能があるとされています。

また、二日酔いや冷え性など日ごろから
心配なところにも薬効があるようで、
味良し!健康にも良し!

そんな大根は冬になると
必ず食べたくなる食材なのではないでしょうか。

今回はそんな活用術豊かな
大根を使った美味しいレシピと、
その保存方法についてご紹介したいと思います。

1. 冬はやっぱりおでんの大根がかかせない♪
2. 大根の保存方法
3. まとめ

 

0360290be1e574fe8664efb1201df53a_s

 

冬はやっぱりおでんの大根がかかせない♪

まずはやはり、「冬の定番」であるおでんです。

おでんにはやはり、大根は絶対欠かせません。
あの出しがしっかり染みた
おでんの大根は心も体も温まる一品です。

ここで簡単なおでんのレシピをご紹介します。

<材料>
・大根
・卵
・こんにゃく
・ちくわ
・牛すじ
・木綿豆腐
・厚揚げ
(その他おでんに入れたい具材)
☆酒
☆みりん
☆水
☆昆布だし(粉末)
☆醤油

<作り方>
1. 卵は好みの硬さでゆで卵にしておく
2. 大根は皮を剥いてカット、こんにゃくもお好みの大きさにカットしてゆでる
3. 木綿豆腐は水抜きをしておく
4. 牛すじはあく抜きをしておく
5. 酒とみりんを加熱してアルコールをとばす
6. アルコールがとんだら水と昆布だしを入れ一煮立ちさせる
7. 醤油は味を見ながら追加する
8. 5~7の手順で出汁ができあがったら具材をすべて入れてじっくり煮込んだら出来上がり
※一度作ってから一晩熱を冷ますことでより味が染みます♪

優しい味のブリ大根

おでんに次いで、
ブリ大根もやはり冬ならではの暖かさのあるメニューですね。

ブリ大根はご飯にもしっかり合うし、
お酒好きな方には、酒の肴にもってこいの逸品です。

<材料>
・大根
・ぶりの切り身
(お好みでネギなど)
☆酒
☆みりん
☆水
☆醤油
☆生姜

<作り方>
1. 大根は皮を剥いて適当な大きさに切っておく
2. 皮を剥いた大根は下茹でして、串が通るほどの柔らかさにする
3. 生姜は皮を剥いてスライスしておく
4. ぶりは熱湯にさらした後、冷やして鱗を落とす
5. 水・酒・生姜・ぶりを入れて沸騰させ、魚自体の臭みを飛ばす
6. 沸騰後、みりん・砂糖・醤油の順に入れ味が問題なければ大根を入れて一煮立ち
7. そこからさらに落し蓋をして20分ほど弱火で煮込みます。
8. 大体の水分がなくなってきたら蓋を外して中~強火でぐるぐる回しながら一煮立ちさせて出来上がり
※煮物なので、出来上がってから一度冷ますことでより味が染み込みます。

大根を使ったシチュー?!

シチューもやはり冬の定番!ですが、
一般的なホワイトシチューやビーフシチューに、
大根ってなかなか入れることはありません。

しかし、実はここでも大根を入れることで
優しいまろやかなシチューが出来上がるんです。

知ってましたか?今年の冬は大根を
使ったホワイトシチューに挑戦してみては?

<材料>
・大根
・にんじん
・じゃがいも
・玉ねぎ
・ウインナー
☆クリームシチュールー
☆水
☆牛乳
(今回は市販のシチュールーを使って簡単な作り方です♪)

<作り方>
1. 大根、にんじん、じゃがいも、玉ねぎ、ウインナーすべての食材をカットしておく
2. 大根はレンジで軽く下茹でをしておく
3. 大き目のお鍋に油を少し入れて温め、カットしたにんじん、じゃがいも、玉ねぎを入れて軽く炒める
4. 最後に大根をいれてサッと炒める
5. 具材が大体隠れるくらいまで水を入れて沸騰させる
6. 沸騰したらウインナーを入れ、あく取りをしながら、具材が大体すべて柔らかくなるまで煮込む
7. 具材にすっと串が通るようになったら火を止めて、シチュールーを割り入れ全体になじませるように混ぜる
8. ルーが全体になじんだらもう一度火をつけて、弱火でとろみが出てくるまで混ぜながら煮込む
9. 最後に牛乳を加えながら煮込み綺麗な色になれば出来上がり
※具材はすっと串が通るくらい!硬すぎてもおいしくならないし、柔らかくしすぎても後で型崩れしてしまいます。

ここまで、大根を使ったレシピをご紹介しました。

その他にもお漬物や大根おろしなど、
メインの食材でなくとも大根は大活躍します♪

ではそんな大根ですが、
大家族でもなければ大根まるごと1本を1日に
使い切るのは難しいものです。

そこで大根の安心安全な保存方法をご紹介したいと思います。
これで、万能でおいしい大根を使いこなせるようになりますよ♪

大根の保存方法

大根の保存には様々な方法があります。
一般的には冷蔵や冷蔵庫内の野菜室で保管が多いでしょう。

しかし、量や使い勝手によっては
もっと便利で長持ちする方法があるんです。

冷蔵や野菜室での保存は保存の仕方によって変わりますが、
大体1週間程度。

そのあとは食べられないわけではありませんが
どんどん味が落ちてしまいます。

そこでお勧めしたいのが冷凍保存です!
「大根を冷凍?!」と驚きの方もいらっしゃるかもしれませんが、
大根だって冷凍保存が可能なんですよ。

しかもこれがとっても便利♪しっかり洗ってから
厚めに皮を剥いて切り、
ラップで空気を遮断してあとはジップロックなどの
冷凍保存可能な袋に入れて冷凍します。

これだけでなんと1か月ほどは保存できるのです!

しかも、次に使う調理方法によって
切り方は使いやすい形や大きさにしておけば、
次に使うときには半解凍するだけですぐに使えちゃいます♪

かなり便利ですよね!
大根の冷凍保存、是非是非お勧めです♪

まとめ

いかがでしたでしょうか。
大根が旬のこの時期、
心も体も温まる大根レシピで冬を乗り切ってみては?

スポンサーリンク