バレンタインにチョコをあげる理由と大人気ガトーショコラの超簡単レシピ

スポンサーリンク


クリスマスも年越しもお正月も終わり、
様々なご家庭では次の行事である
節分に向けての準備を
始めているころかもしれません。

学生の方にとっては3学期が始まり、
年度の終わりを感じているころではないでしょうか。

まだまだ寒い日は続いておりますが、
実はひそかに女の子の中では
この時期から少しずつ準備をしていることがあるでしょう。

何の準備って?

そう、恋する女の子にとっては
1年の中でも最大ともいえる
「バレンタインデー」です!

バレンタインデーは女の子が
好きな男の子にチョコレートをあげて思いを伝える日、
ですよね?

そんな恋する女の子は
今の時期からあげるものの準備や
心の準備なんかをし始めていることでしょう。

バレンタインデーといえば
やはり「チョコレート」

でも、どうしてチョコレートなのか‥
そんなバレンタインデーにチョコレートを
あげる由来をみなさんは知っていますか?

また、バレンタインデーにあげたいチョコレートとして
やはり毎年人気を誇っているのが
ガトーショコラ。

ガトーショコラってなんとなく作るのが難しそう‥
そう思う方もいらっしゃるかもしれませんが、
実はめちゃくちゃ簡単に作れてしまうレシピがあるんです!

今回はそんな、バレンタインデーに
チョコレートをあげる由来と、
人気のガトーショコラを簡単に作れちゃう
レシピをご紹介したいと思います。

1. どうしてバレンタインデーにチョコレートをあげるの?
2. バレンタインデーにあげたい!人気のガトーショコラを簡単に作れるレシピ?!
3. まとめ

 

「バレンタインにチョコをあげる理由と大人気ガトーショコラの超簡単レシピ」の続きを読む…

2017年ひな祭りはみんなで作る♪楽しいケーキレシピ

新しい2017年の年、
まだまだ寒い日は続きますが、
立春をこえると少しずつ寒さがやわらぎ、
温かい春が近づいてくるような気がします。

寒い日が続くと本当に
あたたかな春が待ちどおしですよね。

そんな季節の行事といえば、
3月に入ってすぐに訪れる「ひな祭り」

ひな祭りというと
女の子の健やかな成長を祈ってお祝いをするお祭りです。

桃の節句ともいうように、
春の季節が近づいてきたことを
知らせてくれる行事でもあります。

ひな祭りはどのように過ごしていますか?
女の子がいるご家庭では、
節分が終わり次第ひな壇を飾るなどして、
ひな祭りに向けての準備を始めるのではないでしょうか。

ひな祭りというと、
ひな壇を飾るということは有名な行事ではありますが、
そのほかにはどのようなことをして過ごすのでしょうか。

ひなあられやちらし寿司を
食べることなんかも定番かもしれません。

しかし、せっかくのひな祭りです。
ひな祭りもクリスマスやお正月のように
みんなで楽しく過ごせたら素敵だと思いませんか?

実は最近のひな祭りではひなあられやちらし寿司よりも
可愛らしいケーキを作ってお祝いするのも人気なのだそう。

みんなでケーキを作っておいしく楽しくひな祭りを過ごせたら
とっても素敵ですよね♪

そんなひな祭りにはぴったりの、
みんなで作れるおすすめケーキレシピ
今回はご紹介したいと思います。

1. かわいい♪ひな祭りデコレーションケーキ☆
2. 最近話題の豪華ちらし寿司ケーキレシピ!
3. まとめ

 

「2017年ひな祭りはみんなで作る♪楽しいケーキレシピ」の続きを読む…

節分といえば豆まき!豆まきの正しい作法とは?

お正月が終わっても
まだ厳しい寒さは続きます。

成人式に参加される新成人の方にとっても
成人の日はこれみよがしに
寒い日ということが多いです。

そんな厳しい寒さも立春を機に
少しずつ寒さがやわらぎ、
だんだんと春に向けて暖かくなると言われています。

そんな立春の前日は‥?
そう、「節分」です!

お正月が終わった次の行事ごととも
言えるこの節分ですが、
みなさん節分は「2月3日」であると思い込んでいませんか?

じつは、節分は日付が決まっているものではありません。
元々、節分は「季節を分ける」と書いて節分です。

つまり季節の分かれ目にあたる
「立春の前日が節分」にあたるというわけなのです。

それも実は2月のこの立春の日の前日だけでなく、
立夏・立秋・立冬などの
季節の分かれ目の前日にあたる日が節分ということになります。

その中でも特に1年の「春夏秋冬」の始まりである「春」、
立春の前の日が昔で言う大晦日にあたり、
その日が1年の境目として「節分」と
取り上げられていたようですね。

また合わせて、節分が
「日付が決まっているものではない」と
いうこともこのような意味です。

「立春」とは他の立夏や立秋、
また春分や秋分、夏至・冬至などで言われる
24節季にあたります。

24節季とは1年を24等分した季節のことですが、
1年は365日で24等分はできません。

そのため、その「春分」の日が
年によって少しずれるということが起こり、
節分はその「春分の前日」であるために、
日付が変わることがある、ということなんですね。

そんな節分ですが、やはり節分といえば「豆まき」!
そう思う方がほとんどでしょう。

今回はそんな節分での定番行事である豆まきについて、
正しい作法を皆さんにお伝えしたいと思います。

1. 節分に豆まきをする由来
2. 豆まきに使う豆の種類は?
3. 豆まきの作法について
4. まとめ

 

「節分といえば豆まき!豆まきの正しい作法とは?」の続きを読む…