10歳になる子供たちの「2分の1成人式」。親から子供に贈る感動の手紙

スポンサーリンク


みなさんは、「2分の1成人式」をご存知ですか?

「2分の1成人式」、
その名前の通り20歳で行われる成人式の半分、
10歳で行われる成人式の事です。

今、この「2分の1成人式」が、
全国各地の小学校で取り入れられています。

10歳は、子供の心に自我が生まれる大切な年齢です。
自分や友達、親や兄弟といった対人関係、
夢や希望といった未来、
人生においての節目を考え出す大切な年齢が10歳です。

「2分の1成人式」では、
子供と親、両方が感動の体験をしています。

1. 「2分の1成人式」で手紙を書く狙いって?子供と親の成長の為に…
2. どんな手紙を書けばいい?書いちゃいけない事はある?
3. 手紙は「起承転結」を意識!分かりやすさが第一
4. まとめ

 

「2分の1成人式」で手紙を書く狙いって?子供と親の成長の為に…

今、既に大人になっている方は、
「2分の1成人式」と聞いても
ピンとこない方も多いと思います。

元々、1980年に兵庫県で始まった
「2分の1成人式」ですが、
全国に広まったのは最近です。

兵庫県の小学校教諭が
「生徒と親、どちらも背筋を伸ばして参加するイベントを」
と考えて始めた事ですが、これが少しずつ各地に認知され、
その企画の素晴らしさから評判を呼んだようです。

「2分の1成人式」の本来の狙いは、
子供の成長、親の学び、地域との繋がりが考えられています。

子供は、思春期に差し掛かると反抗期に入ったり、
あるいはませたりして、
なかなか素直な心情を親に吐露してくれません。

また、親も親で子供の反抗期に戸惑ったりで、
どう接すればいいのか迷ってしまう事も多くなります。

そんな時、地域の方に見守られながら
「2分の1成人式」を行う事で、
親と子供の心が一緒になります。

「2分の1成人式」で親から子供に贈られる手紙は、
日頃、言い表せない愛情がたっぷりと詰まっています。

普段、照れくさくて子供に伝えられない気持ち…
それらを、手紙に込めて子供へと贈るのです。

手紙という一つのツールによって、
家族愛が確かになる瞬間こそが
「2分の1成人式」の醍醐味です。

ただし、両親共に健在、
仲が良いといった場合にはいいのですが、
母子家庭や父子家庭、
親と不仲な子供にとっては
残酷な結果になる可能性も無視できません。

こういった観点から、
もう少し配慮された「2分の1成人式」を
企画するべきという意見もあります。

どんな手紙を書けばいい?書いちゃいけない事はある?

メールが主流になった現代で、
手紙を書く事がなくなった方は多いと思います。

ましてや、普通の手紙ではなく
「2分の1成人式」という重大な場で発表する手紙です。

どんな事を書けばいいのか悩んでしまいますよね。
「2分の1成人式」で贈られる親から子供への手紙は、
子供だけが読むケースと皆の前で発表するケースの2パターンあり、
自分が参加する「2分の1成人式」が
どちらのパターンに当てはまるか事前にチェックしておきましょう。

特に、皆の前で発表するパターンだと、
あまりにもプライベートすぎる内容は避けた方が良いでしょう。

また、極端に褒めすぎていたり、
「あれができていない、これができていない」
と子供の欠点を晒すような手紙は、
後からイジメやからかいの原因になってしまう事が懸念されます。

子供だけが読むケースであっても、
友達と見せ合いっこをする事も多く、
「自分の子供だけだから安心ね」と
油断するのは禁物です。

基本的には、誰かに見せる可能性があるという事を
意識するのが正解です。

手紙は「起承転結」を意識!分かりやすさが第一

手紙は、物語と一緒です。

分かりやすさを第一に考え、
「起承転結」に沿って書き進めましょう。

上手に書けるのが一番ではありますが、
親は国語の先生ではありません。

気負わず、子供でも理解できるような
優しい文章を心がけましょう。

その時、自分が10歳だった頃の事を思い出して書くと
スムーズかと思います。

書き進めていくと、
伝えたい気持ちがどんどん出てくる事もありますよね。

ですが、ここは欲張らずに
簡潔に伝える努力をしましょう。

皆の前で発表するパターンであれば、
自分の手紙だけがダラダラと長いと、
子供の肩身も狭くなってしまいます。

逆に、一言二言だけの簡素すぎるメッセージも考えものです。
手紙の文章は便せん一枚程度としておき、
丁寧に気持ちを込めて書きましょう。

書き方のコツは、「起」で10年間の振り返りをします。
「あなたが生まれて10年、あんなに小さかった○○ちゃんが、
周りの先生や友達に支えられてここまで大きくなったんだね」
といったように、周囲への感謝の想いも含めて書き出しましょう。

次に「承」ですが、
ここでは10年間の思い出をピックアップして取り上げます。

一緒に何かを経験して感動した事はもちろん、
苦労を経ての喜びなども気持ちを伝えやすいテーマです。

ただし、あまりにも重苦しいテーマや、
聞いていて周囲が困惑してしまうようなテーマはNGです。

基本的には、ハッピーエンドを意識して
書き進めるのが正統派の手紙です。

そして、「転」では成長していく子供に対して、
「希望」「願い」の言葉を贈ります。

「これから壁にぶつかる事もあるかもしれませんが、お母さんはいつでもあなたの味方です。応援しています」
といった将来の成功を願う言葉を入れると、
子供は安心して必要な時に親を頼る事ができます。

「自分で考えて決断するように」
「もう立派な大人ですからね」
といった自立の言葉は、
まだ10歳には早いでしょう。

「結」では、締めの言葉を書きます。
「これからもよろしくね」
「これからも家族みんなで仲良くしようね」
といった他愛ない言葉で締めくくります。

まとめ

「2分の1成人式」は子供も親も一緒に成長できる場です。

この機会を利用して、
いつもは伝えたくても伝えられない事を
手紙へと込めましょう。

スポンサーリンク